• HOME
  • 秋田支店について
  • 沿革

沿革

秋田支店の歴史と秋田県の主な出来事

明治〜大正

明治15(1882)年
日本銀行設立
明治32(1899)年
日本銀行福島支店開設
大正4(1915)年
秋田県地元銀行頭取が連名で若槻大蔵大臣(当時)と三島日本銀行総裁(当時)宛に支店設置請願書を提出
- 秋田支店開設前、東北地方には福島支店の1支店しかなく、秋田県と山形県の金融取引は福島支店が管轄していましたが、大正初期、秋田県下には16行もの地元銀行があり、これらの銀行が現金手当てをするには遠く福島まで往復3日を要する不便を余儀なくされていました。
大正6(1917)年
秋田支店開設(8月1日)

旧店舗
【旧店舗】

− 秋田支店開設当初の業務管轄区域は、秋田県と青森県の2県でした。
大正13(1924)年
JR羽越本線が全通
秋田支店と山形県庄内地方との金融取引開始

昭和

昭和2(1927)年
金融恐慌
− 昭和2年の金融恐慌時には、秋田県内では幸い銀行の破綻はみられませんでした。昭和5〜6年の恐慌時にはかなりの動揺がありましたが、地元銀行の経営内容が良好であったほか、数多い銀行の統合が進んだことなどから、影響は比較的小さくて済みました(昭和2年から7年までの間に、7行が合併解散し、昭和初期に秋田県内に20行あった銀行は12行まで減少)。
昭和10(1935)年
秋田支店で初めての女性職員を採用(2名)

旧営業所執務風景
【旧営業所執務風景】

金庫内の様子
【金庫内の様子】

昭和16(1941)年
日本銀行仙台支店開設
昭和21(1946)年
日本銀行青森支店開設
昭和25(1950)年
営業所店舗新築のため仮営業所へ移転
− 旧秋田銀行本店(現在の「赤レンガ郷土館」)の建物を借用

当時の赤レンガ郷土館
【当時の赤レンガ郷土館】

昭和27(1952)年
現店舗にて営業開始
昭和28(1953)年
秋田県貯蓄推進協議会の事務局が秋田県から日本銀行秋田支店へ移管(現秋田県金融広報委員会)
昭和49(1974)年
豪雪(2月10日の秋田市の積雪117cm)
昭和58(1983)年
日本海中部沖地震発生

平成

平成4(1992)年
山形県庄内地区を日本銀行仙台支店へ移管
平成9(1997)年
秋田新幹線こまち開業
平成10(1998)年
日本銀行法改正
平成18(2006)年
豪雪(1月5日の秋田市の積雪74cm)
平成19(2007)年
秋田支店開設90周年
第62回国民体育大会(秋田わか杉国体)開催
台風11号及び前線による大雨にかかる災害発生(金融特別措置発動)
平成23(2011)年
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震にかかる災害に対する金融特別措置発動)
平成26(2014)年
第29回国民文化祭・あきた2014開催
平成29(2017)年
秋田支店開設100周年