歴史

日本銀行開業

日本銀行本店が設立されました。本店の沿革については本店ホームページをご覧ください。

北九州支店開設

当時は西部支店。大阪支店に次ぐ日本銀行2番目の支店として九州で初めて設置されました。

福岡支店開設

開設当時の旧店舗は、福岡市天神町(現西鉄イン福岡敷地)にありました。しかし、現店舗移転後の昭和27年(1952年)3月7日、出火により旧金庫館を除き焼失してしまいました。
当時の業務区域は福岡県(遠賀川および彦山川以東を除く)、佐賀県、長崎県。

長崎支店開設

福岡支店の業務区域のうち、「長崎県」を長崎支店に移管しました。

現店舗へ移転

写真は新築当時の現店舗です。ルネッサンス建築を根幹とした設計で、日本銀行の営業所としては、戦後初めての鉄筋コンクリート造りの本建築です。

建替え工事に着手

現店舗は、老朽化等を踏まえ現地において建替えることとし、工事に着手しました。新営業所の建物概要はこちら