本文へスキップ

TEL. 024-521-6363

〒960-8614 福島市本町6-24

にちぎんふくしまの歴史

日本銀行福島支店は、明治32(1899)年に福島出ちょう所として開せつされました。

    明治15(1882)年 日本銀行開業
明治32(1899)年 福島出ちょう所開せつ
日本銀行福島支店の歴史は古く、明治32年7月15日、全国では7番目、東北地方では最初に開せつされました。店ぽは、福島一の糸問屋「万国屋」からこう入したもので、二階建て・土ぞうづくりでした。
なぜ、こんなに古いのかというと、当時福島は生糸産地として栄えていて、東北の金ゆうの中心であったためです。
開設当初の日本銀行福島出張所

開せつ当初の日本銀行福島出ちょう所

明治44(1911)年 出ちょう所から支店になる
  大正2(1913)年 旧店ぽ完成
支店になったのを機に新しい店ぽが大正2年に完成しました。
設計は、当時の建ちく業界の第一人者として、日本銀行本店や東京駅をたん当した辰野金吾博士と長野宇平治が共同で行ないました。
レンガづくりの建物は、福島市の明治洋風建ちくの代表の一つでした。
福島支店旧店舗

福島支店旧店ぽ

  昭和55(1980)年 現店ぽ完成
福島支店現店舗

福島支店現店ぽ

   平成11(1999)年 開せつから100年
平成23(2011)年 東日本大しんさい

*小学4年生までに習う漢字を使用しています。