《「銀行の銀行」としての役割》

 日本銀行は金融機関との当座預金取引を通じて、各金融機関名義の当座預金口座の受払事務を行っています。
 日本銀行は個人や一般の企業とは取引を行っていませんが、皆さんが取引先の銀行から他の銀行に送金したお金の金融機関相互間の決済など、金融機関の間で行われている様々なお金の取引の多くは、最終的には各金融機関が日本銀行に預けている当座預金の入金・引落しにより決済されます。
 日本銀行では、金融機関相互間の決済が円滑に行われるよう、「日銀ネット」というシステムを使っています。

送金依頼の仕組みの説明図です



業務課に戻る ↑