《お金(日本銀行券と貨幣)の供給》

 日本銀行は、わが国で唯一の「発券銀行」として「お札」(日本銀行券)を発行しているほか、政府が発行する「硬貨」(貨幣) を取扱っています。

 皆さんが買い物などの支払に使用しているお金(お札や硬貨)は、日本銀行の取引先である銀行や信用金庫、郵便局などの 金融機関から、企業の給与の支払や預金の引出などのかたちで皆さんの手に渡り、転々と使用された後、預金や税金などとして再び金融機関を経由して日本銀行へ戻ってきます。

○ お札の流れ
お札の流れの説明図です


 お札の平均寿命は、一万円札で4〜5年程度、五千円札や千円札は使用頻度が高く傷みやすいために1〜2年程度と言われているんだよ。
 お札の一生についてもっと知りたい人には 「銀行券の一生」 (→ 日本銀行本店ホームページへ) が参考になるよ。
 大掃除をしたら、以前に発行された聖徳太子の一万円札が出てきたの!!
 これってまだ使えるの?
 現在有効なお金についてもっと知りたい人は 「現在有効な銀行券・貨幣」 (→ 日本銀行本店ホームページへ) を見てね。



発券課に戻る ↑