《「政府の銀行」としての役割》

 日本銀行には国の預金(政府預金)口座があり、この口座に皆さんが納めた税金・社会保険料などを受入れ、公共事業費・年金などはこの口座から支払われています。
  業務課では、このように国のお金(国庫金)の受払や計理を行っています。また、その他にも、戦没者の遺族の方に対する国債や公共事業費などの財源として発行される国債の元金や利子の支払も行っています(ただし国債の売買は行っていません)。

国庫金の受払の説明図です

 なお、国庫金の受入や支払は、日本銀行本支店のほか、納付者や国庫金の受取人の利便を図るため、代理店契約を結んだ金融機関でも取扱っています。国庫金が取扱える金融機関の店頭には「日本銀行○○代理店」または「日本銀行歳入代理店」の看板が掲げてあります。

・ 日本銀行○○代理店  日本銀行の本支店とほぼ同様の国庫金受払に関する業務や国債の元利金の支払などに関する事務を行っています。
・ 歳入代理店  国庫金のうち税金や社会保険料など歳入金等の受入事務のみを行っています。
・ 国債代理店  国債の元利金の支払に関する事務を行っています。



業務課に戻る ↑