日本銀行 広島支店
 サイトマップ
広島支店の概要  

   沿革
   支店周辺地図

支店長寄稿文等
業務内容

   広島支店の仕事
   バーチャル店内見学
   Q&A集

原爆関係資料

   旧店舗と活用状況
   ・営業所内の写真
   原爆投下時の日銀

県内経済の特徴
支店公表資料

   金融経済概況(月次)
   短観
   特別調査
   公表データの一覧
   長期時系列データ

店内見学関係

   見学の申込

採用情報
リンク集
広島県金融広報委員会
トップページ

業務内容|広島支店の仕事

トップページ > 業務内容 > 広島支店の仕事 > 発券課

営業課発券課業務課文書課

 「発券課」とは、聞き慣れない言葉(部署名)だと思いますが、この「発券」とは、「銀行券(お札)を発行する」という意味です。日本銀行は、日本で唯一、銀行券を発行できる銀行(発券銀行)で、国民の皆様にきれいな銀行券を安心して使っていただけるようにするとともに、銀行券の信認(価値)を維持するための業務を行っています。
 具体的には、取引先金融機関との間で銀行券の受払や、受入れた銀行券の内容確認(鑑査)などを行っています。また、貨幣についても、独立行政法人造幣局から引取り、取引先金融機関を通して市中に流通させています。

■お札の発行
 日本銀行は、わが国において唯一お札を発行できる銀行であり、発券銀行としての機能をもっています。このお札(日本銀行券)と、政府が発行する硬貨(貨幣)は、日本銀行の窓口から取引先金融機関を通じて市中に供給されています。
 現金が、みなさんの間に円滑に行き渡り、便利に安心して利用されることは、日本銀行の重要な任務となっています。

お札の発行 イメージ図

■お札の管理
 金融機関等を通じて日本銀行に戻ってきたお札は、にせ札が混じっていないか、傷んでいないか1枚1枚チェックしながら、再利用できるお札とできないお札とに選別されます。傷んで使えないお札は、細かく裁断した後、固形燃料の原料の一部としてリサイクル利用されます。
 また、破れたり焼けたりしたお札は、ある一定以上の面積が残っていれば、無料で新しいお札と取り替えることができます。
 このように、お札をきれいな状態に保ち、みなさんがいつでも安心して使えるようにお札の利便性の維持・向上に努めています。

■金融機関等とのお札の受払 
 金融機関や官庁と日本銀行広島支店との間で受払いされるお札は、年間約5億枚、金額にして2.8兆円になります。これを積上げると約50kmで、富士山の約13倍の高さになります。

▲ページトップへ戻る

 

営業課発券課業務課文書課



情報公開関係 | プライバシーポリシー | 注意事項

Copyright (c) bank of japan Hiroshima Branch. All rights reserved.