日本銀行 広島支店
 サイトマップ
広島支店の概要  

   沿革
   支店周辺地図

支店長寄稿文等
業務内容

   広島支店の仕事
   バーチャル店内見学
   Q&A集

原爆関係資料

   旧店舗と活用状況
   ・営業所内の写真
   原爆投下時の日銀

県内経済の特徴
支店公表資料

   金融経済概況(月次)
   短観
   特別調査
   公表データの一覧
   長期時系列データ

店内見学関係

   見学の申込

採用情報
リンク集
広島県金融広報委員会
トップページ

原爆関係資料|旧店舗の店内とその活用状況
トップページ > 原爆関係資料 > 旧店舗と活用状況 > 原爆投下時のヒロシマ

原爆投下時の日銀原爆投下時のヒロシマ原爆投下時の日銀広島支店8.6からの復興

原爆(げんばく)投下(とうか)()広島市(ひろしまし)状況(じょうきょう)
 昭和しょうわ20ねん8がつ6にち(月曜日げつようび)のあさは、 前日来(ぜんじつらい)(あぶら)()りの晴天(せいてん)であった。市内(しない)各所(かくしょ)では、建物(たてもの)強制(きょうせい)疎開(そかい)作業(さぎょう)義勇隊(ぎゆうたい)動員(どういん)学徒(がくと)(とう)大勢(おおぜい)()ですすめられていた。また官庁(かんちょう)会社(かいしゃ)軍需(ぐんじゅ)工場(こうじょう)などへ出勤(しゅっきん)する(おお)くの(ひと)(たち)()中心部(ちゅうしんぶ)活気(かっき)をみせてきた。午前ごぜん79ふん敵機(てっき)B29四機(よんき)()上空(じょうくう)侵入(しんにゅう)したため警戒(けいかい)警報(けいほう)発令(はつれい)されたが、()もなく退去(たいきょ)したので31ふん警報(けいほう)解除(かいじょ)された。午前中(ごぜんちゅう)敵機(てっき)偵察(ていさつ)はその(ころ)毎日(まいにち)のことであり、(おお)くの市民(しみん)はそれを「B29の定期便(ていきびん)」と()んでいたが、今朝(けさ)何事(なにごと)もなく()んでしまったので、ほっと一息(ひといき)つき(ふたた)活動(かつどう)開始(かいし)した。
 午前ごぜん815ふん強烈(きょうれつ)閃光(せんこう)一瞬(いっしゅん)(そら)()き、 大轟音(だいごうおん)天地(てんち)にとどろいた。同時(どうじ)濛々(ごうごう)たる (ばく)(えん)天空(てんくう)めがけて()(のぼ)り、()()地上(ちじょう) (やく)9(せん)メートル、直径(ちょっけい)(やく)5(せん)メートルの巨大(きょだい)な「キノコ(ぐも)」となって真夏(まなつ)太陽(たいよう)(さえぎ)り、 ()全域(ぜんいき)一時(いちじ)暗黒(あんこく)(つつ)まれた。強烈(きょうれつ)熱戦(ねっせん)(しょう)(しゃ)爆風(ばくふう)衝撃(しょうげき)をうけて、()中心部(ちゅうしんぶ)で は(ほとん)どの家屋(かおく)建造物(けんぞうぶつ)などが破壊(はかい)され、死者(ししゃ)負傷者(ふしょうしゃ)続出(ぞくしゅつ)(つづ)いて各所(かくしょ)から火災(かさい)発生(はっせい)し、 たちまち猛火(もうか)となった。ただ一発(いっぱつ)原子(げんし)爆弾(ばくだん)全市(ぜんし)面積(めんせき)の6(わり)破壊(はかい)、4(わり)()()くし、 一瞬(いっしゅん)のうちに無辜(むこ)市民(しみん)20万余(まんあまり)犠牲(ぎせい)となっ た。広島(ひろしま)都市(とし)機能(きのう)完全(かんぜん)破壊(はかい)され、荒涼(こうりょう)たる廃墟(はいきょ)(まち)となった。 

広島市 爆心地 消失区域地図


原爆投下後の市内風景

旧中国新聞社屋上きゅうちゅうごくしんぶんしゃおくじょうから】
昭和しょうわ20ねん10がつ初旬しょじゅん
林 重男 氏 撮影はやし しげお し さつえい 広島平和記念資料館ひろしまへいわきねんしりょうかん提供ていきょう

▲ページトップへ戻る

 

原爆投下時の日銀原爆投下時のヒロシマ原爆投下時の日銀広島支店8.6からの復興



情報公開関係 | プライバシーポリシー | 注意事項

Copyright (c) bank of japan Hiroshima Branch. All rights reserved.