日本銀行 広島支店
 サイトマップ
広島支店の概要  

   沿革
   支店周辺地図

支店長寄稿文等
業務内容

   広島支店の仕事
   バーチャル店内見学
   Q&A集

原爆関係資料

   旧店舗と活用状況
   ・営業所内の写真
   原爆投下時の日銀

県内経済の特徴
支店公表資料

   金融経済概況(月次)
   短観
   特別調査
   公表データの一覧
   長期時系列データ

店内見学関係

   見学の申込

採用情報
リンク集
広島県金融広報委員会
トップページ

原爆関係資料|旧店舗の店内とその活用状況
トップページ > 原爆関係資料 > 旧店舗と活用状況 > 原爆投下時の日銀広島支店

原爆投下時の日銀原爆投下時のヒロシマ原爆投下時の日銀広島支店8.6からの復興

広島(ひろしま)支店(してん)被災(ひさい)状況(じょうきょう)
 わが広島ひろしま支店してんは、 爆心(ばくしん)(細工(さいく)(ちょう)(しま)病院(びょういん)上空(じょうくう))から南東(なんとう)(やく)500メートルの(きん)距離(きょり)にあったため、猛烈(もうれつ)熱線(ねっせん)照射(しょうしゃ)爆風(ばくふう)衝撃(しょうげき)とをうけて、営業所(えいぎょうしょ)建物(たてもの)甚大(じんだい)被害(ひがい)をうけたが、構造(こうぞう)堅牢(けんろう)のため倒壊(とうかい)(まぬが)れた。3(かい)と2(かい)一部(いちぶ)火災(かさい)発生(はっせい)内部(ないぶ)焼失(しょうしつ)したが大事(だいじ)には(いた)らなかった。その(ほか)の1(かい)事務室(じむしつ)地下(ちか)金庫(きんこ)(とう)奇跡的(きせきてき)火災(かさい)(まぬが)れた。
 一方 (いっぽう)職員(しょくいん)(実働者(じつどうしゃ)85(めい))は(ほとん)全員(ぜんいん)店内(てんない)ならびに出勤(しゅっきん)途上(とじょう)自宅(じたく)(とう)被爆(ひばく)した。それが脅威的(きょういてき)破壊力(はかいりょく)殺傷力(さっしょうりょく)とをもつ原爆(げんばく)不意打(ふいうち)ちであったために、被害(ひがい)激甚(げきじん)をきわめ、死亡(しぼう)した(もの)37(めい)負傷(ふしょう)した(もの)15(めい)多数(たすう)(かぞ)えるにいたり、本行(ほんこう)戦災(せんさい)史上(しじょう)未曾有(みぞう)惨禍(さんか)となった。

建物(たてもの)被害(ひがい)
  営業所(えいぎょうしょ)(昭和しょうわ11ねん8がつ竣工(しゅんこう))は、鉄骨(てっこつ)鉄筋(てっきん)コンクリート(づく)石積(いしづみ)の、市内(しない)(もっと)堅牢(けんろう)建物(たてもの)(ひと)つであった(その(ゆえ)をもって、広島(ひろしま)財務局(ざいむきょく)首脳部(しゅのうぶ)一部(いちぶ)職員(しょくいん)が5がつころから支店内(してんない)疎開(そかい)していた)が、6がつ中旬(ちゅうじゅん)吉川(よしかわ)支店長(してんちょう)着任後(ちゃくにんご)(ただ)ちに防備(ぼうび)強化(きょうか)つとめられ(1) 屋上(おくじょう)中央(ちゅうおう)(あか)りとガラス屋根(やね)を5(すん)(かく)材木(ざいもく)遮蔽(しゃへい)する、(2) 屋上(おくじょう)露台(ろだい)に3(しゃく)土盛(つちも)りを(おこな)うなどの工事(こうじ)実施(じっし)されていた。また被爆(ひばく)前日(ぜんじつ)の8がつ5にち(にち午後(ごご)営業所(えいぎょうしょ)北隣(きたどな)りにあった三和(さんわ)信託(しんたく)広島(ひろしま)支店(してん)建物(たてもの)(木造(もくぞう)モルタル()り2(かい)(だて))を()(こわ)して焼却(しょうきゃく)防火(ぼうか)用地(ようち)(つく)った。


屋上の盛り土を確認する米兵

被爆後(ひばくご)屋上(おくじょう)()(つち)確認(かくにん)する米兵(べいへい)
米国
(べいこく)
返還(へんかん)写真(しゃしん)広島(ひろしま)平和(へいわ)記念(きねん)資料館(しりょうかん)提供(ていきょう)

▲ページトップへ戻る


  被爆(ひばく)同時(どうじ)に、営業所(えいぎょうしょ)門扉(もんぴ)窓枠(まどわく)、シャッター、ガラス()(とう)爆風(ばくふう)によりすべて()()ばされ、屋上(おくじょう)中央部(ちゅうおうぶ)のガラス屋根(やね)は、シャッター(おお)いとともに(あめ)のように(まが)大破(たいは)したが、建物(たてもの)本体(ほんたい)構造(こうぞう)異状(いじょう)はなく、天井(てんじょう)()ちなかった。
  地下室(ちかしつ)では、金庫前(きんこまえ)廊下(ろうか)入口(いりぐち)(てつ)格子(ごうし)()()ばされたが、金庫(きんこ)倉庫(そうこ)無事(ぶじ)であった。(てつ)格子(ごうし)()()ばされたのは、エレベーターを供出(きょうしゅつ)したあとの昇降(しょうこう)()から爆風(ばくふう)()()んだためとみられる。
 営業所
(えいぎょうしょ)
内部(ないぶ)は、(まど)ガラス、シャッター、回廊(かいろう)手摺(てす)り、カウンタースクリーン(とう)破片(はへん)散乱(さんらん)し、(つくえ)椅子(いす)戸棚(とだな)(とう)什器(じゅうき)(ほとん)破損(はそん)転覆(てんぷく)し、所々(ところどころ)負傷者(ふしょうしゃ)鮮血(せんけつ)がまみれ、惨憺(さんたん)たる光景(こうけい)(てい)した。
 また 全市(ぜんし)停電(ていでん)したため、電灯(でんとう)はつかず、電話(でんわ)不通(ふつう)、ガス、水道(すいどう)使用(しよう)不能(ふのう)となったが、その(なか)でただ1か(しょ)通用(つうよう)門脇(もんわき)消火(しょうか)(せん)から(みず)(いきお)いよく()たという。
 営業所
(えいぎょうしょ)
3(かい)と2(かい)支店長(してんちょう)寝室(しんしつ)火災(かさい)発生(はっせい)し、3(かい)内部(ないぶ)全焼(ぜんしょう)、2(かい)支店長(してんちょう)寝室(しんしつ)()大事(だいじ)(いた)らぬうちに()()められた。その(ほか)営業所(えいぎょうしょ)1(かい)と2(かい)(およ)地下室(ちかしつ)奇跡的(きせきてき)火災(かさい)(まぬが)れた。 


被爆直後→現在 写真

▲ページトップへ戻る

 

原爆投下時の日銀原爆投下時のヒロシマ原爆投下時の日銀広島支店8.6からの復興



情報公開関係 | プライバシーポリシー | 注意事項

Copyright (c) bank of japan Hiroshima Branch. All rights reserved.