日本銀行 広島支店
 サイトマップ
広島支店の概要  

   沿革
   支店周辺地図

支店長寄稿文等
業務内容

   広島支店の仕事
   バーチャル店内見学
   Q&A集

原爆関係資料

   旧店舗と活用状況
   ・営業所内の写真
   原爆投下時の日銀

県内経済の特徴
支店公表資料

   金融経済概況(月次)
   短観
   特別調査
   公表データの一覧
   長期時系列データ

店内見学関係

   見学の申込

採用情報
リンク集
広島県金融広報委員会
トップページ

県内経済の特徴
1. 県経済の歴史

 広島県は、明治中期の日清戦争以降、広島湾や呉を中心に造船等の軍需産業が勃興・発展し、「軍都・広島」としての色彩を強めました。第2次世界大戦後には、旧軍事施設を工業用地として活用できたことや、軍需産業に関連した技術力等が蓄積されていたことなどから、輸送用機械(主に自動車、造船)や鉄鋼などいわゆる「重厚長大型産業」が著しい成長を遂げ、中四国最大の工業県に発展しました。近年は、「重厚長大型産業」からの脱却を目指して自治体が積極的に企業誘致活動を行った結果、半導体などエレクトロニクス関連の工場立地が進んでいます。


2. 産業動向

(1) 県経済の概観

 当県は、輸送用機械(自動車、船舶)、電気機械、鉄鋼を中心とした中四国最大の工業県です。2009年度県内総生産(名目)は10.8兆円で、全国シェアは2.2%(全国11位)、中国地区におけるシェアは39.4%と、中国地方の主要経済拠点となっています。

(2) 産業立地

 県内の産業立地をみると、広島市、呉市、東広島市を中心とした広島地域(県西部、県製造品出荷額等<2010年>に占める割合61.4%)と、福山市、尾道市、三原市を中心とした備後地域(県東部、同34.6%)の2地域に大別されます。

<広島地域>
 広島地域(県西部)は、戦前の軍需工業を母体として発展した地域であり、マツダを頂点に自動車関連企業群が集積しています。また、戦前の呉海軍工廠を受け継いだジャパンマリンユナイテッド呉事業所を始めとして中堅・中小の造船会社や塗装、ポンプ、タービン等の関連メーカーが集積しています。近年では、東広島市に国内最先端の半導体工場が進出するなど電気機械・電子部品関連の拠点集積も進んできています。伝統産業では、毛筆(熊野筆)が有名です。
 余談ですが、広島市は俗に「3B」の街と言われています。これは、(1)広島にはバス(「Bus」)が多く、(2)東京、大阪等に本社を持つ企業の支店(「Branch」)が多く(支店経済の街)、(3)デルタ地帯にあり長さ2メートル以上の橋(「Bridge」)が約2,700橋もあること(中国地方整備局調べ)、に由来しています。

<備後地域>

 備後地域(県東部)は、1961年に誘致されたJFEスチール西日本製鉄所・福山地区(旧NKK福山製鉄所)や、モノ作りに長けた中小製造業者を中心に発展した地域ですが、備後絣の伝統を受け継いだ繊維産業も集積しており合繊織物の産地でもあります。このほか、婚礼家具や琴、下駄などが同地域の伝統産業・特産品となっています。

(3) 産業構造等

製造品出荷額等の業種別特化係数(2010年)*1をみると、当県では、鉄鋼(2.7)、輸送用機械(1.6)、木材(1.6)の係数が高く、これら業種に特化した産業構造となっています。

*1 当県の業種別構成比/全国の業種別構成比

 製造業の中では、自動車・同附属品が21.7%(製造品出荷額等<2010年>シェア)を占め、当県におけるマツダ系列のウェイトの大きさを示しているほか、鉄鋼16.9%など、いわゆる重厚長大業種のウェイトも大きくなっています。この間、電気機械(電気機械、情報通信、電子部品・デバイス)のシェアは12.5%と、全国(15.3%)に比べるとやや低い水準にはありますが、拠点集積などにより当県内でも相応のウェイトを占めるようになっています。

 当地では、マツダを頂点として裾野の広い自動車関連企業群が形成されているほか、優れた技術を活かし、各業種にわたり全国的にも知名度、シェアの高い製品等*2を取扱う地場企業が多数所在しています。

*2 金庫、競技用ボール、ジャム類、精米機、デニム、簡易食品トレー、ラジコンヘリコプター、金属サイン、紳士服量販店、100円ショップ、など


(参考)広島県の経済力(全国シェア等)


  調査時点 全国シェア 全国順位 実数
土地面積(km2) 2011/10月 2.2% 11位 8,479
人口(千人) 2012/3月 2.2% 12位 2,846
世帯数(千世帯) 2012/3月 2.3% 11位 1,239
名目県内総生産(兆円) 2009年度 2.2% 11位 10.8
1人当り県民所得(千円) 2009年度 14位 2,685
事業所数(千か所) 2009/7月 2.4% 11位 143
製造品出荷額等(兆円) 2010年 3.0% 10位 8.7
小売販売額(兆円) 2007年 2.3% 11位 3.1
卸売販売額(兆円) 2007年 2.1% 8位 8.7

(資料出所)
 土地面積 国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」
 人口、世帯数 総務省「住民基本台帳人口要覧」「国勢調査」
 県内総生産、県民所得 内閣府「県民経済計算」
 事業所数 総務省「平成21年経済センサス―基礎調査」
 製造品出荷額等 経済産業省「工業統計表」
 小売販売額、卸売販売額 経済産業省「商業統計表」

▲ページトップへ戻る



情報公開関係 | プライバシーポリシー | 注意事項

Copyright (c) bank of japan Hiroshima Branch. All rights reserved.