業務課
〜「政府の銀行」としての機能〜

 日本銀行は、会計法や日銀法などの法令に基づき、国の出納機関、いわゆる「政府の銀行」として、国税や交通反則金などのお金(「歳入金等」という)の受入れのほか、年金や公共工事代金の支払など国庫金の出納事務を行っています。また、国債の発行や償還、利賦札の支払いなどに関する事務も行っています。
 日本銀行の店舗は山梨県には甲府市に1店舗しかありません。このため、日本銀行では皆さんのご近所の金融機関の中から、国の税金などの払込や国債の元利金の受取りができるように、日本銀行の「代理店」という制度を設けています。
 代理店には、店舗の入口に「日本銀行○○代理店」という看板が掛けられています。なお、日本銀行の窓口または代理店で受け入れられた歳入金等は、多額かつ膨大な書類に上るため、OCR(光学式文字読取システム)を使用して迅速かつ正確に処理しています。

「銀行の銀行」としての機能
「政府の銀行」としての機能
一般代理店
歳入代理店、国債代理店
国庫金の窓口案内