甲府支店の開設について

(開設の経緯)
 1945年6月、連合国軍による本土空襲が激しくなり、その被害は大都市から地方都市にまで及び、さらに関東平野に上陸する懸念さえ生じていました。
日本銀行では、このような情勢に対応するため、本店業務の一部を疎開することとし、甲府市に支店を設置することとなりました。
 しかし、甲府市では、7月6日夜半からの空襲により全市の大半が焼失、官庁及び金融機関の店舗の被害も大きいものとなりました。
 幸い、日本銀行甲府支店の店舗設置予定地であった、山梨中央銀行相生町支店(現在は甲府商工会議所が立地)は、営業所及び金庫に被害がなかったため、予定よりは幾分遅れましたが7月23日に支店を開設することが出来ました。
 ただ、終戦間際の大混乱の中、本店業務の一部疎開は実現されず、開設直後の業務は、甲府空襲により焼けたお金の引換えが中心であったとのことです。


(旧店舗の全景)
(当時の営業場風景)
(現店舗への移転)
1970年 11月に山梨県から新店舗用地(県立中央病院跡地、甲府市中央1丁目11‐31)を取得しました。その後、1975年 8月に店舗新築工事に着工し、1976年 9月には新店舗(現店舗)が完成しました。
 当時は、山梨県の地場産業に因んだワインカラーの建物として評判を呼んだそうです。

(県立中央病院跡地)
(現店舗)

支店の開設
支店の沿革