本文へスキップ
最終更新日 2017年10月17日

ホーム  お問い合わせ  サイトマップ

▽ 見学のご案内

見学のご案内

 日本銀行甲府支店では、県民の皆様に日本銀行の役割や業務を知っていただくために、「一般見学」と「特別見学会」を実施しています。
 見学をご希望の方・興味をお持ちの方は、以下のボタンをクリックしてください。
 お申し込みの手順、見学の模様をご覧いただけます。

     

【照会先】
 日本銀行甲府支店総務課 広聴広報担当
 〈住所〉 〒400-0032 甲府市中央1-11-31
 〈電話〉 055-227-2419(ダイヤルイン)
 〈FAX〉055-220-1073

一般見学の申し込み

 ご希望の方は、以下の留意点をお読みいただき、2.申込み方法の手順でお申し込みください。

1.お申し込み時の留意点

(1)見学日  毎週月曜日〜金曜日
(除く、国民の祝日、年末年始〈12月29日〜1月4日〉)
(2)見学開始時間  9:30/10:00/13:30/14:00
(3)所要時間  1時間〜1時間30分
(4)見学人数  原則として5〜36名、
―4名以下や36名を超える場合でも、お気軽にご相談ください。
(5)見学対象者  原則として、小学校5年生以上を対象とさせていただいております。なお、小学生は保護者または教員などの同伴をお願いしています。
車椅子や足の不自由な方等は事前にご相談ください。
(6)見学時のお願い事項  見学時の写真撮影は、会議室および広報ルームは可能です。それ以外での写真・動画撮影・録音はご遠慮ください。また、見学時は禁煙となっております。
自家用車でのご来店はご遠慮ください。マイクロバスでお越しの場合は事前にご連絡ください。

2.申し込み方法

(1)  予約制です。見学希望日の2週間前までに、電話もしくは、メール(kofu@boj.or.jp)にてお問い合わせください。
雛型[TXT:4KB] 
  ※業務上の都合により、ご希望の日時に添えない場合がありますので、予めご了承ください。
(2)  お問い合わせいただいたうえで、見学日程、見学開始時間、所要時間を決めさせていただきます。
(3)   「見学案内状」を見学当日の責任者の方に郵送いたします。
(4)   「見学者名簿」[XLS:31KB]をご提出いただきます。
(5)   見学当日は、当店から郵送した「見学案内状」と責任者の身分証明書を忘れずにご持参ください。
  これで、見学申込み手続きは完了です。 
 見学希望のお申し出、見学に関するご質問等は、当店広聴広報担当までお気軽にお寄せください。

【申し込み先】
 日本銀行甲府支店総務課 広聴広報担当
 〈住所〉 〒400-0032 甲府市中央1-11-31
 〈電話〉 055-227-2419(ダイヤルイン)
 〈FAX〉055-220-1073
 〈E-mail〉kofu@boj.or.jp
   ※申し込み受付は、午前9時から午後5時までです。

特別見学 〜2017年夏休み親子見学会等〜

 甲府支店では、毎年夏休みに恒例の親子見学会を開催しています。
 募集は、6月中旬頃に開始する予定です。

〜2017年に開催した「夏休み親子見学会」と2015年に開催した「仕事体験〜景気について調べてみよう!〜」の見学会等の模様を掲載しています〜
▼ 2017年夏休み親子見学会を開催しました
 日本銀行甲府支店では、知るぽると山梨(山梨県金融広報委員会)との共催により、小学生とその保護者の方を対象とした「夏休み親子見学会」を開催しました。
  開催日:2017年7月27日(木)〜8月2日(水) 土日を除く5日間
   【7/27〜31日:小学生4〜6年生対象】
   【7/31〜8月2日:小学生1〜3年生対象】
  参加者:90組、208名(大人90名、子供118名)

【親子見学会の模様】

 (1)支店長挨拶・お金の話
 
 (2)店内見学(広報ルーム)
   
   
 (3)お金探検学習シート  (4)お金博士認定証
   
▼ 2015年[支店開設70周年特別企画]仕事体験〜景気について調べてみよう!〜を開催しました。
  開催日:2015年8月5日(水)
  対 象:中学生
  参加者:10名

【仕事体験の模様】

 (1)支店長講義
   
 (2)景気判断
 
 (3)記者会見
 

広報ルームの紹介

 甲府支店では、支店開設60周年記念行事の一環として、2005年7月に広報ルームをオープンしました。
(1)一万円券十束封(模擬銀行券)
 一万円券1万枚に相当するもの。重さは約10kg。
(2)一万円券40億円十束封(模擬銀行券)
 一万円券十束封40個分。一万円券40万枚に相当します。
 重さは、約400kg。
(3)銀行券裁断屑
 傷んで使えないと分別されたお札は、機械で小さく切り刻まれます。
 一部は住宅の外壁の材料、貯金箱などにリサイクルされます。
(4)五千円記念撮影用パネル
 樋口一葉の気分で記念撮影ができます。