山梨県金融リテラシー
(山梨県金融広報委員会)
最終更新日:2017年11月9日

ホーム お問い合わせ サイトマップ

【金融リテラシーQuiz】の解説

メインサイトへ移動金融リテラシー調査の結果サイトへ移動金融リテラシーのイベント情報サイトへ移動金融してらしーの出前講座サイトへ移動
金融リテラシーマップのサイトへ移動金融リテラシーの資料入手サイトへ移動金融リテラシーの関連サイトへ移動金融トラブルの相談窓口サイトへ移動


Q3 金利が上がっていくときに、資金の運用(預金等)、借入れについて
適切な対応はどれでしょうか。

答え (3)運用は変動金利、借入れは固定金利にする


赤いボタンのマーク 運用とは、金融資産を運用することです。このため、先行き金利が上昇すると見込まれる場合には、受取り利息を増加させるために変動金利の運用商品(例えば、変動金利定期預金など)を選択します。一方、借入は、金利分の利息支払いが生じますので、固定金利を選択します。ただし、運用商品やローン商品は、いずれも取扱機関によって、変動期間や適用金利・適用期間が異なりますし、
先行きの金利は必ずしも想定したとおりに動くとは限りませんので、注意が必要です。

赤いボタンのマーク 一方、金融商品を選択した際には、
自己責任が原則となります。なお、預金保険の保護対象にならない金融商品(例えば、外貨預金など)がありますほか、金利には単利や複利の違いもありますので、運用や借入の際には、商品内容の十分な確認が必要です。複利の情報はこちらをクリック!

クイズに戻る
info
〒400-0032
山梨県甲府市中央
1丁目11-31
山梨県金融広報委員会
TEL.055-227-2419
FAX.055-220-1073
  (ご注意事項)
 山梨県金融広報委員会では、資産運用や年金、保険など個別のご相談・ご照会には応じかねますので、あらかじめご了承下さい。