TOP > 学校での教育 > 出前授業事例のご紹介

出前授業事例のご紹介

金融広報アドバイザーや日本銀行京都支店職員などの金融や経済に詳しい専門家を講師として派遣します。
お金のことについて分かりやすく説明するゲストティーチャーとして、ぜひご活用ください。

最近の事例

小学校向け

お金は労働の報酬であること、お金には限りがあることを理解し、“物やお金を大切にする心”を育む。お金のはたらきや役割を理解する。

実施地域 テーマ 対象
八幡市 物のねだんの決まり方、お金の役割 3年生・40名
亀岡市 おかねのヒミツと日本銀行のお仕事 5年生・80名
宇治市 おかねってなーに? 4年生・70名、保護者

中学校向け

物やお金が、世の中でどう動いているかを理解する。働く意義や家計の収入・支出について理解し、生活設計の必要性を認識する。

実施地域 テーマ 対象
京都市 生活設計の大切さを学ぶ 1年生・180名
京都市 働く人の話を聞こう(ファイナンスパーク事前授業) 1年生・180名
京丹後市 人生シミュレーションゲーム~生活設計を考えよう 2年生・40名

高等学校以上

基礎的な金融経済のしくみや、生活設計の必要性を理解し、社会人として生きるために必要な知識を身につける。

実施地域 テーマ 対象
京丹後市 暮らしとお金のシミュレーション~考えてみよう将来のこと 3年生・180名
南丹市 人生シミュレーション~ゲームを通じて将来を考えてみよう 3年生・17名