業務課

【日本銀行金融ネットワークシステム】

 日本銀行金融ネットワークシステムは日本銀行とその取引先金融機関との資金や国債の決済をオンライン処理することを目的として構築されたネットワークであり、日本銀行が運営しています。日銀ネットにおいては、日本銀行電算センターと、日本銀行本支店および日銀ネット参加金融機関が通信回線により接続されており、日本銀行本支店や日銀ネット参加金融機関から入力されたデータはセンターでオンライン処理される扱いになっています。日銀ネットと参加金融機関との接続に関しては、専用端末機の設置による接続のほか、参加金融機関のコンピュータとの直接接続も可能となっています。


【代理店契約】

 日本銀行では市中金融機関との契約に基づき、国庫金・国債事務等を市中金融機関に委託して、国民や国の利便に応えています。これらの店舗が「日本銀行代理店」とよばれるもので、その主な種類と業務は次の通りです。
 
代理店種類 概要
●一般代理店 国庫金の受入・支払や政府有価証券の取扱いのほか、国債の元利金の支払など広範な事務を取扱う代理店で、その事務内容・機能は日本銀行の支店におけるものとほぼ同様です。
(注)下記の各種代理店等で行える事務は全て取扱います。
●歳入代理店・
歳入復代理店
国庫金(歳入金・国税)の受入のみを専門に取扱う代理店です。
●国債代理店・
国債元利金支払取扱店
国債の元金や利子の支払いなどを専門に取扱う代理店です。
●国庫金電子収納事務取扱金融機関 国庫金(行政手数料、税金、保険料等対象は順次拡大)をインターネットバンキングやATM等を通じて受入れることができる金融機関です。