金融取引の決済の仕組み

支店のご紹介

金融取引の決済の仕組み

金融取引の決済の仕組み(図解)

 日銀に直接、出入りするお客様は、民間の金融機関(○○銀行、△△信用金庫など)の方々ですが、これらの金融機関では、個人や企業の方々からお金の「送金」や「口座振替」などの依頼を受けますと、それら取引を集計して最終的に「当銀行から他の銀行に対していくら支払わなければならないか」を確定します。その結果、必要となる金額については、日銀にある自分の預金(日銀当座預金)を使って、支払うことになります。こうして必要な金額が、ある銀行の日銀当座預金口座から他の銀行の日銀当座預金口座に振り込まれる(決済が完了する)わけです。(日本銀行は「銀行の銀行」としての役割を果たしています)。