伊勢湾台風時の対応

支店のご紹介

伊勢湾台風時の対応

2009年夏休みイベント「大規模災害発生時の日本銀行の役割 ~伊勢湾台風から50年を迎えて~」

 日本銀行名古屋支店では、伊勢湾台風から50年を迎えるにあたり企画展を実施しました。
 こちらでは、企画展で展示した伊勢湾台風時の各地の被害状況や工事の様子、日本銀行名古屋支店の対応の写真などを解説付きでご覧いただけます。

各地の被害状況

 昭和34年9月26日に紀伊半島に上陸した台風15号は、上陸時の最低気圧が929.2hPa、最大瞬間風速が45.7メートルを記録する超大型の台風でした。愛知県、三重県を中心に猛威をふるい、死者・行方不明者は5,098名と風水害としては最悪の記録となりました。これほど甚大な被害をもたらした原因の一つとして、台風がこの地域に最も高潮を起こしやすいコースを通ったことが挙げられます。名古屋港では観測史上最高の潮位となる3.89メートルを記録しました。 (写真提供:愛知県)

矢作古川右岸(幡豆郡一色町)矢作古川右岸(幡豆郡一色町)

クリックすると拡大します。


海部海岸(弥冨市)海部海岸(弥冨市)山崎川右岸(名古屋市南区)山崎川右岸(名古屋市南区)新川の河口付近(名古屋市港区)新川の河口付近(名古屋市港区)海部南部浸水被害(弥冨市)海部南部浸水被害(弥冨市)挙母大野線塩瀬橋(新城市)挙母大野線塩瀬橋(新城市)豊田新城線久澄橋(豊田市)豊田新城線久澄橋(豊田市)打上げられた貨物船(蒲郡市)打上げられた貨物船(蒲郡市)山崎川(名古屋市南区)山崎川(名古屋市南区)日ノ出町(半田市)日ノ出町(半田市)

クリックすると拡大します。

工事などの様子

 復旧の第一歩として、自衛隊や消防団、学生などの力を借りて、堤防の決壊口の締切工事が行われました。政府による本格的な復旧工事着手まで、人海戦術による工事が続きました。 (写真提供:愛知県)

山崎川仮締切工事(名古屋市瑞穂区)山崎川仮締切工事(名古屋市瑞穂区)

クリックすると拡大します。


水と食料を孤立した飛島村へ水と食料を孤立した飛島村へ 避難所へ誘導される被災者避難所へ誘導される被災者 皇太子殿下避難児童ご訪問皇太子殿下避難児童ご訪問 新川河口破堤箇所の仮締切工事新川河口破堤箇所の仮締切工事 潮止工事(弥冨市)潮止工事(弥冨市) 国道1号線のドラム缶工法国道1号線のドラム缶工法 善太川右岸仮締切工事(弥冨市)善太川右岸仮締切工事(弥冨市) 締切工事完了の万歳(弥冨市)締切工事完了の万歳(弥冨市)

クリックすると拡大します。

名古屋支店の被害状況

 伊勢湾台風が東海地方を通過した9月26日は土曜日、翌日は日曜日で休業日でしたが、次長、課長ほか41名が出勤し、店内外の清掃整備や、金庫の内部を点検するなどし、翌日からの業務に備えました。

名古屋支店の瓦屋根破損名古屋支店の瓦屋根破損

クリックすると拡大します。


倒れた街路樹倒れた街路樹 窓ガラス破損窓ガラス破損 中庭            中庭 職員による清掃職員による清掃 職員寮1職員寮1 職員寮2職員寮2職員寮3職員寮3 職員の住宅1(弥冨市)職員の住宅1(弥冨市) 職員の住宅2(弥冨市)職員の住宅2(弥冨市)

クリックすると拡大します。

銀行券引換えの様子

 伊勢湾台風で汚れてしまったお金の持ち込みは、銀行券(お札)と貨幣合わせて約75万枚と、通常時とは比較にならない量でした。そのため、通常引換えを行う発券課の職員だけでなく、他部署に応援してもらうなどし作業を進めました。ここ名古屋支店だけでなく、半田市にも職員が出向いて作業をしました。また、名古屋支店からの交通が遮断されてしまった三重県津方面には、急遽大阪支店から現金を供給するようにしました。

店頭に掲示した引換えの案内店頭に掲示した引換えの案内

クリックすると拡大します。


窓口での受取り窓口での受取り 消毒前のクリップ留め消毒前のクリップ留め 熱湯やクレゾール石鹸液による消毒  熱湯やクレゾール石鹸液による消毒   印刷用プレス機による脱水印刷用プレス機による脱水 洗濯用しぼり機による脱水洗濯用しぼり機による脱水 乾燥機を用いた乾燥乾燥機を用いた乾燥 鑑査鑑査 ずらりと並んだ銀行券ずらりと並んだ銀行券 結束結束

整理整理

クリックすると拡大します。

貨幣引換えの様子

 日本銀行は、このような不測の事態が発生した場合にも、皆さんに滞りなく現金を供給し、安心してお金を使って頂けるよう努力しています。

鑑査機による鑑査鑑査機による鑑査

クリックすると拡大します。


消毒および水洗消毒および水洗選別選別水のふき取り  水のふき取り   日光による乾燥日光による乾燥乾燥機による乾燥乾燥機による乾燥貨幣枡での鑑査貨幣枡での鑑査

クリックすると拡大します。