支店の組織図

支店のご紹介

支店の組織図

日本銀行名古屋支店は、愛知県、三重県、岐阜県の東海3県を業務区域としています。
当店は、支店長、次長以下、4課で構成されており、それぞれ以下のような業務を担当しています。

営業課
東海地域の金融経済動向について、管内の企業・金融機関へのヒアリングや各種データ等に基づいて調査しています。分析の成果は、日本銀行本店への報告を通じて金融政策の遂行に役立てるとともに、記者会見等を通じて皆様に幅広く提供しております。 このほか、広く一般の皆様に日本銀行の役割や業務についてご理解いただくために、店内見学も実施しております。
業務課
金融機関との間で預金の受払、貸出等の取引を「日本銀行金融ネットワークシステム」(通称「日銀ネット」といいます)を通じて行ったり、国の税金などの受入れや経費などの支払事務など国庫金の受入・支払事務を行っているほか、国債の発行や元利払等の事務を行っています。
発券課
わが国唯一の「発券銀行」として「お札」(正式には日本銀行券)の発行を行っているほか、市中で流通したお札の鑑査(偽造の有無、再使用の可否等)を行っています。
また、傷んだり汚れたお札やコインの引換えも行っています。そのようなお金をお持ち込みになる場合には、事前にご連絡頂きますよう、ご協力をお願いします。
TEL:052-222-2015
文書課
「文書課」という言葉はあまり目にしないと思いますが、一般の会社で言えば、「総務部」「人事部」「経営企画室」の仕事をしています。支店全体の内部管理部署として、各課の業務遂行をサポートする役割を担っており、具体的には、職員の勤務・給与管理、資産管理、予算管理など、「ヒト・モノ・カネ」の管理を行っています。