日本銀行大分支店 大分支店のご案内 ++大分支店の情報やお問合せ先++


昭和20年7月
日本銀行大分事務所開設

日本勧業銀行<現みずほ銀行>内

昭和23年2月
日本銀行大分支店開設

開設時の当座預金取引先は、大分合同銀行(現大分銀行)ほか6行

昭和38年7月
豊和相互銀行(現豊和銀行)と当座預金取引を開始
昭和44年12月
別府信用金庫(現大分みらい信用金庫)と当座預金取引を開始
昭和45年10月
現営業所(大分市長浜町)で業務開始
昭和48年12月
大分信用金庫と当座預金取引を開始
昭和56年 7月
銀行券自動鑑査機導入
昭和59年11月
新様式銀行券発行、一万円札の肖像画に福澤諭吉採用
昭和63年10月
日本銀行金融ネットワークシステム(日銀ネット)稼働開始
平成 3年 5月
組織再編により3課制スタート(総務課、業務課、発券課)
平成10年 2月
大分支店開設50周年
平成12年 8月
大分支店ホームページ開設
平成14年 7月
広報ルームオープン
平成18年4月
大分県金融広報委員会事務局を大分県生活環境部県民生活・男女共同参画課から移管

日銀大分支店の開設等に関する話

①大分支店開設に当たって

 支店開設に尽力した木下郁・大分市長(後の大分県知事)と一萬田尚登・日銀総裁(第18代)は、五校入学から東大卒業まで同窓で親しい関係にありました。当時、木下市長は大分市の区画整理を進めていましたが、日銀の支店があることで都市の格も上がると考え、一萬田氏が総裁に就任した後支店開設を要望し、一萬田総裁も自らの地元でもあることから前向きに検討することを約束しました。
 その後、当時の県知事と大分銀行頭取の連名で、「日本銀行大分支店設置嘆願書」を提出しました。これがきっかけとなって誘致運動が盛り上がり、昭和23年に支店開設に至りました。
 地元では、その時点で山本、井上、一萬田と三代の総裁や数名の理事も輩出していたこともあって、日本銀行には非常に親しみを持たれていただけに、支店開設に当たり他の地方にはみられない程歓迎の気持ちが漲っていた、と言われています。

(旧店舗外観①)             (旧店舗外観②)    

旧店舗外観①.jpg旧店舗外観②.jpg
最初の大分支店は、大分駅前(旧パルコビルの位置)にありました。繁華街の中央に位置していたことが分かります。

②旧店舗に関する裏話

 最初の日本銀行大分支店は、大分駅前の旧パルコビルの場所にありました。当時は「大分ビル」といって大分銀行が所有していたビル(当時占領軍が使用)を日本銀行が買い上げたものです。駅前は銀行の所在地として必ずしもベストではなかったようですが、このビルが選ばれた理由は、当時は敗戦直後で経済界がまだ混沌としていたため、大きなビルを新築されることが許されない事情にあり、支店開設に当たっては既存建物を利用しなければならない原則のようなものがあったと言われています。
 開設当時、支店の設備の中でも特に重要な金庫の扉の輸送を本店に手配していましたが、当時は輸送事情が非常に悪く、開設の前日になっても、肝心の金庫の扉が着かないという事態が起こりました。一方で現金は到着したことから、急遽厚い木で作った扉を金庫の入口にあてがい、その夜は木造の扉の前にむしろを敷いて当時の職員が徹夜で不審番をしたとの逸話も残されています。

(支店長室)               (事務室)

旧店舗支店長室.jpg旧店舗事務室.jpg

(執務風景)               (客溜<ロビー>)

旧店舗執務風景.jpg旧店舗客溜.jpg
当時の支店の中は、今とはまた雰囲気が違います。

③現店舗への移設に当たって

 旧店舗は、昭和30年代後半には築後50年以上が経過し老朽化していたほか、大分県経済の発展とともに銀行券の受払い規模も拡大して金庫が手狭となっていたことや、立地条件も大分駅前繁華街にあって適当でないといった判断もあって、昭和38年に大分市長浜町の大分商業高校跡地を購入し、昭和44年9月に新店舗の建築に着工しました。同45年9月に新店舗が竣工し、同45年10月に移転、業務を開始しました。外装はタイル張り、色調はブロンズ(茶色系)を基調とし、中央銀行の建物として風格と重厚さに配慮しています。なお、旧店舗の土地建物は、知事、市長はじめ地元からの要望もあって、地元企業(㈱大分開発)に売却しました。

(現店舗外観①)             (現店舗外観②)

バーチャル 007.JPGバーチャル 009.JPG


( )内の年月は就任年月です。
第1代
木下 常雄 (昭和23年2月)
第2代
鷹野 孝徳 (昭和25年6月)
第3代
吉澤 洸  (昭和29年9月)
第4代
山崎 文治 (昭和33年5月)
第5代
小尾 知愛 (昭和36年1月)
第6代
藤本 巖三 (昭和37年11月)
第7代
田原 修  (昭和40年2月)
第8代
速水 優  (昭和42年11月)
第9代
川上 誠  (昭和45年4月)
第10代
安藤 昭三 (昭和47年7月)
第11代
坂 正夫  (昭和50年4月)
第12代
五十畑 一彦(昭和51年4月)
第13代
岡田 禎  (昭和53年5月)
第14代
南原 晃  (昭和55年3月)
第15代
齋藤 一仁 (昭和57年5月)
第16代
高向 巖  (昭和59年5月)
第17代
川瀬 隆弘 (昭和61年11月)
第18代
横内 龍三 (平成1年5月)
第19代
井上 健  (平成4年2月)
第20代
白川 方明 (平成6年5月)
第21代
米田 実  (平成7年12月)
第22代
中山 泰男 (平成10年7月)
第23代
植村 修一 (平成13年7月)
第24代
味岡 桂三 (平成16年6月)
第25代
鎌田 沢一郎(平成19年8月)
第26代
大政 浩一 (平成21年11月)
第27代
岩崎 淳  (平成24年4月)
第28代
秀島 弘高 (平成26年6月)
第29代
濱田 秀夫 (平成28年7月)