災害時の拠点としての役割

 地震などの大きな災害が生じた場合にも、お金を安心して使えるよう、日本銀行は、お札の発行や資金の決済など中央銀行の役割を絶え間なく、しっかりと果たさなくてはなりません。大阪支店は、近畿地区における災害に備えるほか、首都圏で大規模な災害が発生した場合などに、本店に代わり緊急性の高い業務を行うという重要な役割を担っています。

災害時ホームページのイメージ