くらしとおかね講演会


 佐賀県金融広報委員会では、平成29年10月14日(土)に、タレントとしてテレビなどでおなじみの杉村太蔵さんを講師にお招きして「くらしとおかね講演会」を開催しました。

 会場となった佐賀大学経済学部の講義室には、ほぼ満席となった参加者の皆さんの熱気が溢れていました。

 「杉村太蔵が語るお金と人生設計と生きるチカラ講座」と題した講演会。杉村さんは、ご自身のこれまでの経歴を交えながら、100歳まで生きる時代の人生設計、「愛と勇気と若干の知識」による投資のススメなどについて、楽しく、わかりやすく話され、笑いが絶えない時間となりました。

 杉村さんは、大学中退後、仕事を探すもなかなか見つからず、ようやく派遣の仕事を得て、ビルの清掃業務を担当します。熱心にトイレ掃除をする中で、担当したフロアの外資系証券会社のトップの目に止まり、就職。衆議院議員選挙の動向をリサーチする中で、自民党の立候補者募集の告知を見つけ、応募。その後、自民党の公認を得て出馬。26歳の若さで衆議院議員に当選します。
 仕事探しに明け暮れた日々や派遣社員としての経験から、厚生労働委員会の委員を務められましたが、次の選挙では落選し、再び無職となります。
 そのような中で、ゲストとして出演したテレビ番組での評判がすばらしく、現在のご活躍につながっているとのことでした。

 杉村さんは言います。「人間、誰が何を評価してくれるのか、わからない。だから、今任されている仕事を一生懸命にやることが大切です」と。

 このほか、100歳まで生きる時代を見据え、いくつかの事例を交えながらリタイアするような年齢でも新たなチャレンジが可能であることを話されました。
 また、「お金儲けのため」ではなく、「応援したい企業」の株式を購入する「愛と勇気と若干の知識」の視点を大事にした投資の話をされました。

 杉村さんは北海道のご出身。「北海道開拓の父」と言われる佐賀県の偉人・島義勇についても触れられ、この度、佐賀への感謝を込めて佐賀市にふるさと納税をされたとのことでした。

 佐賀県金融広報委員会では、お金や経済に関心を持ち、学んでほしいと願っています。
 この日は、そんな当委員会の思いも併せて杉村さんから参加者の皆様にしっかりと届けていただきました。




丸 「講演会」の様子
講演1 講演2 講演3



丸 募集チラシ