日本銀行札幌支店 Bank of Japan Sapporo Branch

サイトマップ
ホームに戻る前のページに戻る

印刷する

発券課|日本銀行と札幌支店の業務|札幌支店のご案内|日本銀行札幌支店

 ここでは「発券銀行」としての仕事をしています。日本銀行はお札の発行から、使えなくなったお札を処分するまでの「お札の一生」を管理しています。
ここは金庫です。

旧館金庫室写真

 写真の扉は本店旧館地下1階の地下金庫です。この地下金庫は、明治29年から平成16年6月まで、108年間使われました。
 この扉は、後から地下金庫をひろげた昭和7年に取付けたものです。
 米国製で、厚さは90センチ、重さは25トン(扉15トン、外わく10トン)あります。
これは金庫の内部の様子です。
新館金庫内部写真 1億円パック写真
  お札は、独立行政法人国立印刷局でつくられ、まず日本銀行の金庫へ運びこまれます。そして、ここから金融機関を通じて世の中へ出回って行きます。 日本でお札を発行するのは、日本銀行だけが行なっている仕事です。
ここは、金融機関との間で、たくさんのお金を支払ったり、受け入れたりするための窓口です。

新館大口出納写真

 金庫に入っていたお札はここから世の中へ出ていきます。そしてそのお札は、色々な人の手をわたって、またこの窓口へ戻ってきます。
 平成23年の大みそかに世の中に出回っていたお札を合計すると、約84兆円になりました。これを積み上げると・・・富士山の369倍の高さになります。
 お札の流れについて、くわしく知りたい場合は、『銀行券の一生』(日本銀行本店ホームページ)を見てください。
  ここは、お札をチェックしているところです。

本店鑑査室写真

 日本銀行は戻ってきたお札について、枚数を確かめるとともに、みなさんがお札を安心して、きれいな状態で利用することができるように、高性能の機械を使って偽のお札が混ざっていないか傷んでいないか、1枚ずつチェックしています。
裁断片写真 固形燃料写真
 きれいなお札は再び金融機関を通じて世の中へ出回っていきます。傷んだお札は、細かく切りきざまれます。
 札幌支店では、細かく切りきざんだお札を固形燃料にリサイクルしています。
これは、破れたり、焼けたりしたお札などの引き換えを行なっている窓口で、お札の面積を調べているところです。

D万鑑定写真

 みなさんのお札が破れたり、焼けたりしても、一定以上の面積が残っていれば、そのお札と同じ金額または半額で引き換えることができます。
 破れたり、焼けたりしたお札の引き換えについて、くわしく知りたい場合は、『損傷銀行券の引換基準』(日本銀行本店ホームページ)を見てください。

焼けたお金・汚れたお金の引換に関するお問い合わせ 発券課 TEL(011)241-5705

札幌支店のご案内
日本銀行と札幌支店の業務|札幌支店のご案内
支店の歴史|札幌支店のご案内
周辺地図と交通アクセス|札幌支店のご案内

支店長からのご挨拶

公表資料

支店長寄稿文等

店内見学のご案内

お知らせ
新着情報お知らせサービス|お知らせ
講師派遣のご案内|お知らせ
ビデオ貸出サービス|お知らせ
採用情報|お知らせ
情報公開・個人情報保護|お知らせ

よくあるご質問