仙台支店長ご挨拶

就任のご挨拶

支店長顔写真支店長 副島 豊日本銀行仙台支店長に就任しました副島(そえじま)と申します。

前任は函館支店長で、昨年3月に開業し東京―東北―北海道を繋いだ北海道新幹線に乗って北の地からやって参りました。観光で賑わう函館は関東だけでなく、東北とりわけ仙台からも沢山のお客様をお迎えしており、辞令を受けた際には新幹線の繋ぐ不思議な縁を感じました。

生れは九州佐賀県、学生時代を京都で過ごし、就職で東京に。北海道は函館まで北上し、今回、また少し南に戻るという双六のような人生を送っております。その過程で多くの素晴らしい街に住んできました。京都、鎌倉、吉祥寺、シアトル、フランクフルト、函館、そして今度は仙台。昔から人が住んできた場所は、自然や地形の恵みに人間が織り上げてきた長い歴史や文化が重なりあって、美しく住みやすい風格のある市街地を形成しています。いい街ソムリエの人生記録に仙台や東北の素晴らしい街を加えさせて頂く機会に恵まれましたことをとても喜んでおります。

さて、日銀仙台支店が地域経済に提供するサービスは、現金の物流、決済インフラの提供、銀行の銀行・政府の銀行機能、金融経済の現状把握・課題認識、地域金融の円滑化を通じた経済発展のサポート、子供から大人まで幅広い層を対象とした金融教育など多岐にわたります。特に、現金の物流や決済インフラ、銀行や政府への金融サービス提供は、一般に認識されにくい仕事ですが、これがないと経済は一日たりとも動きません。電気や通信、水道、交通システムなどと同様、経済の基幹インフラ業として日々地域経済を支えております。こうしたサービスを確実に効率的に安全に提供するとともに、地域の金融経済動向についても様々な情報発信を行っております。

皆様の声に耳を傾け、よりよいサービスの提供を通じて地域経済の発展に貢献してまいりますので、日銀仙台支店への変わらぬご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


2017年6月

日本銀行仙台支店長  副島 豊