1941年(昭和16年)10月
仙台支店開設。全国18番目の支店で、場所は現在と同じ「芭蕉の辻」。

仙台支店開設時

1945年(昭和20年)7月
仙台大空襲により営業所が焼失。当時の農林中央金庫仙台支店(青葉区中央3丁目)の一部を仮営業所として借用し、営業を続ける。
1945年(昭和20年)8月
盛岡・山形事務所設置。
1946年(昭和21年)11月
営業所再建。

営業所再建

1960年(昭和35年)11月
新営業所建設のため、東二番丁ビル(旧協和銀行仙台支店)に一時移転。
1962年(昭和37年)10月
新営業所の竣工(現在の営業所)。

新営業所(現営業所)

1992年(平成4年)10月
秋田支店管下の鶴岡市、酒田市の2市、飽海、西田川、東田川の3郡を仙台支店管下に移管。
2006年(平成18年)4月
店内見学用広報ルーム開設。

広報ルーム1広報ルーム2

2011年(平成23年)3月
東日本大震災発生。東日本大震災における日本銀行仙台支店の対応LinkIcon(852KB)
2011年(平成23年)4月
東日本大震災発生に伴い、岩手県盛岡市に損傷通貨引換の臨時窓口を設置(同年7月閉鎖)。
2011年(平成23年)10月
支店開設70周年。