業務課

「銀行の銀行」、「政府の銀行」としての機能

当座預金の受払事務

みなさんが金融機関に預金口座を持っているのと同様に、金融機関は日本銀行に当座預金口座を持っています。この口座を通して、金融機関同士または日本銀行と金融機関の間の資金決済を行っています。


当座預金の振替や入金・引き落としにかかる資金決済は、日本銀行と金融機関との間をコンピュータネットワークで結んだ「日本銀行金融ネットワークシステム」(通称「日銀ネット」)という決済システムにより、効率的かつ円滑に処理されています。


国庫金の受払事務、国債の発行等の事務

日本銀行は、国のお金(国庫金)の取扱いに関する事務を行っています。
具体的には、国税や社会保険料、交通反則金等の受け入れのほか、年金や国家公務員給与等の支払いを行っています。また、国が受け入れた有価証券の受払・保管や、国債の元金や利子の支払等も行っています。


国庫金や国債は、その取引の相手方が一般の国民や企業、全国各地に所在する国の官庁など多岐にわたることから、国民や国の利便性に応えるため、国庫金の受払や国債に関する事務等を民間金融機関へ委嘱しています。国庫金や国債に関する事務等を代行する民間金融機関の店舗を、代理店と呼んでいます。

LinkIcon代理店等の一覧(日本銀行本店HPへ)


また、日本銀行では、官庁や金融機関と連携を図りながら、利用者の方の利便性の向上と事務の効率化を目的に、国庫金の受払事務の電子化を進めています。

LinkIcon電子納付の利用方法(日本銀行本店HPへ)