発券課

「発券銀行」としての機能

お金の供給

日本銀行は、日本銀行法第1条に基づき、わが国で唯一の「発券銀行」としてお札(日本銀行券)を発行しています。また、政府が発行する硬貨(貨幣)も取り扱っています。


お札は、独立行政法人国立印刷局で製造され、日本銀行の金庫に一旦保管されたあと、金融機関への払い出しを通して世の中に流通し、金融機関から預金を引き出した人々や企業によってさまざまな目的に利用され、再び金融機関を通して日本銀行に戻ってきます。


日本銀行は、お札が全国各地にくまなく行き渡るための流通拠点としての役割を果たしており、発券課がその中心となっています。

LinkIcon銀行券の一生(日本銀行本店HPへ)


銀行券の鑑査

日本銀行では、国民のみなさんがお札を安心して使えるよう、戻ってきたお札について一枚一枚チェックしています。
偽札が混ざっていないか、破れているものはないか、汚れのひどいものはないかなど高性能の機械を使ってチェックし、再度使用可能なお札と使用できないものとに区分します。この作業を「鑑査」と呼び、この過程で使用できないと判断されたお札は、裁断され廃棄処分されます。


損傷したお金の引換

日本銀行では、焼けたり、破れたりしたお札や摩耗・変形した硬貨など損傷したお金を、一定の基準により新しいお金と引き換えています。

LinkIcon日本銀行が行う損傷現金の引換えについて(日本銀行本店HPへ)