富山事務所のご案内

業務

銀行券

金融機関を通じて県内への円滑な銀行券の供給・流通を行っています。
【企業や個人の方との銀行券の受払い業務は行っていません】

調査

金融や経済に関する調査を行っています。様々な業種の企業に対するヒアリングを通じて情報を収集し、分析しています。


「富山県金融経済クォータリー」 公表月 毎四半期(2月、5月、7月、11月)
内容  富山県内の景気動向 等

金融・経済に関する無料講師派遣

日本銀行の政策や業務についてご理解を得るため、皆様からのご要望に応じて、金融や経済に関する話題について、下記の要領で講演・卓話を行っています。お気軽にご相談ください。
また、小・中・高等学校の児童、生徒さん向けや、大学の学生向けについても、ご希望の内容での出前授業・講義をお受けしております。
講演を希望される場合は、「講師派遣依頼書」(PDF)にご記入のうえ、当事務所までFAXまたは郵送でお申込みください。


実施時期 随時(金融政策決定会合のブラックアウト期間<注>を除く)
講師 事務所長
講演内容 金融や経済に関するもの
(講演テーマ例)
▽一般社会人向け:「最近の金融経済動向」、「「知っておきたい金融経済の仕組み」
▽小中高生向け:「お金にまつわる話」、「くらしと経済」
▽大学生向け:「日本銀行の業務と政策波及のメカニズム」
講演時間 1回あたり1~2時間程度
お申込期限 原則、講演会等実施日の1か月前までにお願いします
参加人数 10人以上
講師派遣料 不要

<注>ブラックアウト期間:金融政策決定会合の2営業日前から会合終了当日の総裁記者会見終了時刻まで、原則として、講演・卓話をお引受けできない期間のこと。


当事務所には、知るぽると富山(富山県金融広報委員会)の事務局が設置されています。
年金・保険・税金や金融教育に関する講師の無料派遣については、知るぽると富山(富山県金融広報委員会)のHPをご覧いただいたうえ、ご遠慮なくお問合せください。

沿革

昭和20年(1945年)8月
日本銀行富山駐在員事務所を開設(北陸銀行本店内に開設)
開設当日の8月1日夜半の空襲により、事務所事務室が焼失したため、焼失を免れた同行の1室を借り受け、9月1日から業務を再開しました。
「駐在員事務所」は、太平洋戦争の戦局悪化により交通通信が困難化し、県単位で緊急の金融措置を実施する必要に迫られる中で、日銀支店の存在しない県庁所在地(26都市)に順次設置されました(現在の国内事務所は12箇所)。
昭和21年(1946年)7月
日本銀行富山事務所に改称



このページのトップへ