金融広報アドバイザーとは?

 金融広報アドバイザーとは、『中立・公正な立場で、くらしに身近なお金に関する情報を皆様にお届けする』という金融広報活動の目的・社会的意義に賛同して、草の根の活動にご協力いただいているボランティアの方々で、様々な分野の専門家がそろっています。

 県下で開催される一般向けの講演会やセミナーにおける講師・パネリストをつとめたり、児童・生徒・保護者・教員等を対象に学校などで金融・金銭教育に関する出張授業や助言を行ったりしています。

【金融広報アドバイザー紹介】(敬称略 着任順)

       
氏  名 専門分野・講演テーマ例
若 松  進 一
(わかまつ しんいち)
・青少年の金銭教育
・人生の生活設計
・生涯学習と地域づくり
・高齢化社会を生きる
二 宮  しおり
(にのみや しおり)
・これから始める老後生活資金設計
・ライフプランと金融商品
・上手な住宅ローン返済のために
・どう備える?将来の介護負担
氏 兼  惟 和
(うじかね よしかず)
・お金のリスクマネジメント
・愛媛のガンバルジンに学ぶ人生とお金
・ネットトラブルにあわないために
・卒業する前に〜新社会人のための金銭トラブル防止術〜
木 原  道 雄
(きはら みちお)
・高齢者・障がい者の消費者問題と成年後見制度
・障がい者の遺児問題と遺言・相続
・児童・生徒のための消費者教育
石 光  真 理
(いしみつ まり)
・女性の法律問題をめぐる金銭トラブル
・消費者トラブルについて
・相続の法律問題をめぐる金銭トラブル
・結婚の法律問題をめぐる金銭トラブル
廣 瀬  一 郎
(ひろせ いちろう)
・心理発達とライフプラン
・活き活きと働く生活術
・公的制度の活用と共存
・金融教育における”キャリア教育”
二 宮  典 子
(にのみや のりこ)
・金銭トラブルにあわないために
・幼少期からの金銭教育
・心の豊かさと勤労の大切さ
・人生、お金、心のハーモニー
武 田  咲 枝
(たけだ さきえ)
・最近の消費生活トラブル事例と未然防止策
・携帯電話やインターネットトラブルについて
・高齢者・障がい者の見守り者のための消費者教育
・お金の使い方、お小遣い帳のつけ方
松 本  千 晴
(まつもと ちはる)
・今気をつけたい悪質商法
・消費者力を身につけるために
・子どものための消費者教育
・いざというときのための終活知識
久 保  賢 司
(くぼ  けんじ)
・賢いお金の使い方〜生活設計と家計管理について〜
・くらしとお金の守り方〜リスクと保険の話〜
・人生100年時代のお金、くらし、働き方を考える
・これからの終活と相続対策のヒント
岡 田  純 子
(おかだ  じゅんこ)
・教育に関する費用と奨学金、教育ローン利用時の注意点
・ライフプランの作成/人生三大資金(教育・住宅・老後)に備える
・生活に必要な金融商品・投資・貯蓄の基礎知識(概要と仕組み)
・児童・生徒のためのワークショップ/お金の使い方
 (金銭の流れ)と管理(おこづかい帳、貯金など)
[このページのトップに戻る]