旧館外観

 まず、初めに旧館の外観についてご案内しましょう。
 日本銀行大阪支店の顔ともいえるのが、こちら、御堂筋に面し、ドーム型の屋根を持つ旧館です。
 旧館は、明治36年(1903年)に建設されました。日本銀行大阪支店は、堂島川と土佐堀川に挟まれた中之島にあります。この場所には、江戸時代、島原藩や水戸藩の蔵屋敷があり、明治の初めには、今の郵便局である「郵便役所」が大阪で最初に設けられたほか、実業家の五代友厚が別邸を構えました。
 旧館は、明治建築界の第一人者である辰野金吾により設計されました。辰野氏は重要文化財に指定されている日本銀行本店や東京駅の赤レンガ駅舎などを設計したことでも知られています。建物外観のデザインは、ベルギー国立銀行等をモデルにした古典主義の流れを受けた建物です。 
 築後80年を経て、老朽化と地盤沈下が進んだため、旧館は昭和55~57年(1980~82年)にかけて、改築工事を行いました。工事の際には、「歴史的価値のある建物をぜひ残してほしい」という地元の皆様などの熱心な声を踏まえ、可能な限り、元の作りを残す方法で工事を行いました。外観については、御堂筋から見える東・南・北3面の外壁のほか、ドームの両側に三角屋根を組み合わせた屋根を保存しています。内部については、旧貴賓室、大階段などを復元・保存しているほか、見学者に支店の業務や歴史を説明するための広報ルームを設けています。 

旧館正面





旧館外観柱飾り

旧館正面玄関


ポーチ上部