本文へ移動

Menu

金融・金銭教育研究校

金融・金銭教育研究校とは

金融・金銭教育研究校とは、子どもたちの発達段階に応じて、現在および将来の生活を支え得る金融・経済に関する正しい知識の習得または金銭や物に対する健全な価値観の養成を図るため、具体的な教育を実践し、その効果的な方法を研究していただく学校のことです。

研究校は随時募集しておりますので、下記お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

概要

金融・金銭教育研究校の制度に関する概要
委嘱期間 2年間(4月から翌年3月までの年度単位)
サポート内容
  • 研究・実践内容のご相談
  • 講師派遣(無料)
  • 公開授業開催支援
  • 学習に役立つ資料の提供や貸出
  • 年間15万円(上限額)×2年間の教育研究費の支給
報告
  • 1年目:活動内容の書面報告
  • 2年目:2年間の活動発表
その他 対象を特定の学年、学科、教科などに限定できます。
研究・実践内容は、目的に則していれば、自由に設定できます。

活動テーマ例

小学校

  • 買い物計画を通して金銭の使い方を考える
  • 金銭や経済の基本的なしくみに対する理解を深める

…など

中学校

  • 商品購入に際して合理的に選択、判断する力を育てる
  • ネットショッピングの長所と注意事項を理解する

…など

高等学校

  • ライフプランの必要性や社会保障・保険等の内容を知る
  • 消費者トラブルの事例を知り、対処法を身につける
  • …など

金融・金銭教育研究校紹介

金融教育研究校、金銭教育研究校の一覧
委嘱期間 金融教育研究校 金銭教育研究校
2021~2022年度 大阪府立北かわち皐が丘高等学校 堺市立五箇荘中学校
富田林市立小金台小学校
2020~2021年度 大阪府立和泉総合高等学校 大阪市立野田中学校
豊能町立光風台小学校
2019~2020年度 大阪府立島本高等学校 富田林市立金剛中学校
堺市立原山ひかり小学校

お問い合わせ

お問い合わせは下記のリンクよりお願いします。