見学のご案内

歴史的資料~「銀行の銀行」として~

『当所割引手形記入帳』(大阪支店)
1903(明治36)年1月9日~1913(大正2)年2月28日

割引手形記入帳


日本銀行が行った手形割引取引の内容を記載した帳簿です。
日本銀行の取引先金融機関は、自らが保有する手形を日本銀行に持ち込み、このうち日本銀行が適格と認めたものについて、予め定められた割引率(公定歩合)分だけ割り引いた金額の融資を受けることができました。
この帳簿には、日本銀行が手形割引を実施した日付、依頼人(手形を持ち込んだ金融機関)名、手形の振出人・支払人名、手形の振出日と支払期日、手形の額面金額、割引日数、割引率、割引料などが記載されています。

以下で全ページの画像を公開しています。

『当所割引手形記入帳』(大阪支店)

(注)画像や史料の内容を引用される場合は、「日本銀行大阪支店ホームページより」とご記入ください。手続きは不要です。