◆お問い合わせ先◆
●山形県金融広報委員会事務局
〒990-8570 山形県山形市松波2-8-1(山形県庁くらし安心課内)
TEL.023-630-3237 FAX.023-625-8186
  
**・**・*最終更新日 2017年10月31日 *・**・**
   
 What's New! < 新着情報 >
現在、新しい情報はありません。
  

   
MENU
山形県金融広報委員会(知るぽると山形)とは・・・
知るぽると生活講座のご案内
金融広報アドバイザーの無料派遣
金融・金銭教育研究校について
金融学習グループの募集について
リンク
     

  
山形県金融広報委員会(知るぽると山形)とは・・・
 山形県庁に事務局を置き、東北財務局山形財務事務所、日本銀行山形事務所、県内金融機関等が委員を構成している委員会です。
 「お金との付き合い方」を広く県内の方々に知っていただくための広報活動をしています。“知るぽると”とは、お金の知識の入り口という意味を込めた金融広報委員会の愛称です。
  

  
 
知るぽると生活講座のご案内
 「知るぽると生活講座」は、一般の方を対象とした参加無料の講座です。
 興味のある講座一つから受講可能ですので、お気軽にご参加ください。
 山形県内の各会場での「知るぽると生活講座」に関する問い合わせは、山形県金融広報委員会へご連絡ください(電話023-630-3237)。
  

  
金融広報アドバイザーの無料派遣
 山形県金融広報委員会では、金融についての講師(金融広報アドバイザー)を無料派遣しております。
 金融広報アドバイザーとは、暮らしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師を務めたり、生活設計や金銭・金融教育の指導等を行う金融広報活動の第一線指導者です。
   
講演のテーマ
   (例)
  
 ●くらし

 ・相続税や贈与税について 
 ・生命保険と年金について 
  
    
 
 ●生活設計

 ・上手な貯蓄計画や生命保険の考え方 
 ・いろいろな金融商品の選び方
 ・子育てが終わってからの生活設計
   
   
 
家計管理
 ・暮らしに活かす家計簿のつけ方と記録
 ・自分らしい豊かな暮らしのための家計管理 
 ・クレジットカードとライフプラン
   
 ●金銭・金融教育
 ・ものやお金を大切にする教育
 ・社会人になる前に知っておきたいこと 
 ・おかねのしくみ
  
  ■お申し込みにあたって
◎お申し込みは、派遣希望日の1ヶ月前までにお電話または講師派遣依頼書にてお願いいたします。(お電話でお申し込みいただいた場合にも、講師派遣依頼書のご提出をお願いする場合があります。)
◎開催場所は、お申し込みされる方でご準備ください。
◎原則10名以上の参加が見込まれる場合に派遣いたします。
◎時間は1回あたり1時間から2時間を目安としています。
◎派遣にかかる費用は当委員会が負担しますので、お申し込みされる方の負担はありません。
◎ご希望の講師または、ご希望のテーマでお話が可能な講師との調整がつきましたら、お申し込み者に決定のご連絡を差し上げます。その際に講師との打ち合わせ方法などご案内申し上げます。
※アドバイザー派遣は少人数でも対応できますが、一個人の方への派遣は行っておりませんのでご了承ください。
※企業等内部研修への派遣はいたしかねます。
お申し込み・お問い合わせ先
   
   
山形県では現在9名のアドバイザーが活躍中です!@職業(前職)A対応分野/得意分野
     
清水彬さん(山形市在住)
@ファイナンシャルプランナー(大蔵省、金融機関勤務)
A年金関係、高齢者のリスク管理、資産運用の考え方、財政問題など
生活設計、金融経済、税金、財政、年金、保険、相続、高齢者問題、金銭・金融教育、金融トラブル防止
★出来るだけ長く「呑める」「遊べる」「学べる」ことを目指しています。シニア期を楽しく過ごせる秘訣をお話しします。※2011年度金融知識普及功績者として表彰されました
成沢まつ枝さん(酒田市在住)
@税理士、ファイナンシャルプランナー
A生活設計、家計管理、金銭・金融教育、
相続税や贈与税について、やさしい会計入門
★給与明細から知る税金、社会保険についてのお話しができます。
佐藤淳さん(山形市在住)
@NIE.E指導員、経営コンサルタント(金融機関勤務)
A情報の活かし方(新聞の読み方講座)、生活設計、金銭・金融教育、金融商品、
保険、金融経済、高齢者問題など
★経済新聞の読み方についてお話しができます。
★元金融マン、現役の経営コンサルタントがわかりやすく企業、人、モノ、金、情報に関して解説します。
小田賢嗣さん(山形市在住)
@山形市役所
A振り込め詐欺・悪質商法など、被害に遭わないための傾向と対策、金融トラブル防止、高齢者問題
★振り込め詐欺や悪質商法の被害に遭わないための対策法を“寸劇”を交えてわかりやすく、面白おかしく学習していただきます。
★ソーシャルワーカーとしての経験から、高齢者の生活問題についてのお話しができます。
和田敏さん(山形市在住)
@山形県銀行協会勤務(金融機関勤務)
CIA(公認内部監査人)
A生活設計、家計管理、金銭・金融教育、金融商品、金融トラブル防止、金融経済
★民間銀行の内部監査部門長を務めました。「広く深く」がモットーです。
土屋英敏さん(山形市在住)
@山形県銀行協会勤務(金融機関勤務)
A生活設計、家計管理、金銭・金融教育、金融商品、金融トラブル防止、金融経済
★長年の金融機関勤務経験を生かし、金融機関との上手な付き合い方や資産運用の基本についてお話しすることができます。
遠藤武蔵さん(山形市在住)
@保険会社勤務
ファイナンシャルプランナー
A確定拠出年金、ふるさと納税、損害保険、生命保険など
★新聞に「なるほどFPのはなし」を輪番で執筆しています。
「生活の上で役立つお金の制度」について詳しくお話しすることができます。
内山順子さん(新庄市在住)
@ファイナンシャルプランナー
スカラシップアドバイザー(独立行政法人日本学生支援機構)、
パーソナルファイナンス教育インストラクター
A家計管理、生活設計、社会保険、金融商品、金銭・金融教育など
★「知らないことで損することのないように」丁寧にお話することができます。
橋宜弘さん(山形市在住)
@保険会社勤務
FP技能士、ライフコンサルタント
A保険、金融商品、悪徳商法、特殊詐欺など
★落語や寸劇を交え、楽しみながら知識を身につけていただくことができます。
小中学生へ保険の役割をわかりやすくお話ができます。

  
   

   
金融・金銭教育研究校について
 金融・金銭教育研究校とは、幼児・児童・生徒それぞれの発達段階に応じて、金融・経済に関する正しい知識の習得を図るべく、具体的な教育を実践し、研究に取り組むものです。
 金融・経済に関する正しい知識の習得に力点を置くものを「金融教育研究校」、ものやお金また、働くことの大切さを身につけてもらうための研究に力点を置くものを「金銭教育研究校」としています。
   
現在山形県では、金融教育研究校として、以下の学校を委嘱しています。
    
山形県立左沢高等学校 (平成29・30年度)
山形県立鶴岡中央高等学校 (平成29・30年度)
   
                  ※委嘱期間は原則として2年間としております。
                  ※金融・金銭教育研究校の研究費の一部助成をいたします。
詳しくはお問い合わせください。
  

  
金融学習グループの募集について
 金融学習グループ(15名以上)の活動費の一部助成や講師派遣をしています。
   

  
リンク おかねの
ことを
学ぼう!

 ●知るぽると(金融広報中央委員会) http://www.shiruporuto.jp/
暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト


     
 ●日本銀行山形事務所 http://www3.boj.or.jp/yamagata/index.html
トップに戻る