旭川事務所について

旭川事務所~本ビル3階
旭川事務所~本ビル3階

旭川事務所の概要

日本銀行は、「銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うこと」、また「金融機関の間で行われる資金決済の円滑化を図り信用秩序の維持に資すること」をその役割としています。こうした役割の下、事務所では、銀行券の地域金融機関との間での授受、官公署などの機関との連絡、取引先金融機関等に対する助言、金融及び経済に関する調査、金融知識の普及等に関する活動、などを行っています。

旭川事務所では、具体的には毎月、道北地域の金融経済概況を発表しているほか、四半期毎の全国短期経済観測調査(短観)の発表時に道北地域の企業を抜き出した道北地域の短観を公表しております。また、こうした調査結果をもとに地域金融・経済界の方々に講演などの場を通じて情報提供を行っておりますほか、市役所、支庁とも定期的に意見交換を行っています。

また、北海道金融広報委員会の一員として、地域での金融知識普及活動にも努めており、旭川金融座談会を始めとして、パネル展、公民館での講演活動などを進めています。

    旭川事務所の歩み

  • 1897年(明治30年)10月
    旭川派出所として開設
    支庁金庫事務、旧陸軍第七師団関係の国庫金出納事務、為替事務などを実施
  • 1906年(明治39年)10月
    旧北海道銀行(1934年(昭和9年)北海道拓殖銀行に合併)に事務を移管し、廃止
  • 1946年(昭和21年)8月1日
    旭川事務所開設
    2条通8丁目の北海道拓殖銀行旭川支店内に事務所を開設
  • 1965年(昭和40年)1月
    新たに建設された4条通9丁目の拓銀ビル(現 旭川北洋ビル)内に事務所を移転
  • 2006年(平成18年)8月1日
    開設60周年

旭川事務所の管轄地域

旭川事務所は道北3総合振興局(上川、宗谷、オホーツク総合振興局)管内を管轄地域としています。

管轄地域

Get ADOBE READER

PDFファイルが閲覧できない場合は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerを入手して下さい。
また、ページ上で左のアイコンがある場合は、閲覧するのにAdobe Readerが必要です。