HOME > 支店のご紹介 > 各課の仕事1(発券課)

各課の仕事1(発券課)


◆お金の供給

お札の受入風景お札の受入風景 日本銀行は、日本で唯一の「発券銀行」として、お札を発行しています。このお札のほかに政府が発行している硬貨(貨幣)も取扱っています。
 現在有効なお金をご覧になりたい方は、「日本のお金」(日本銀行本店ホームページ)をご覧ください。

 お札は国立印刷局、硬貨は造幣局で作られ、一旦、日本銀行の金庫に保管された後、金融機関を通して世の中に流通し、再び金融機関を通して日本銀行に戻ってきます。

 銀行券の一生をご覧になりたい方は、「銀行券の一生」(日本銀行本店ホームページ)をご覧ください。

 平成24年度に日本銀行横浜支店から払い出されたお札は2.7兆円となり、全て一万円券として積上げると富士山の約7倍の高さとなります。
 また、金融機関などから受入れたお札は1.4兆円(富士山の約4倍の高さ)となります。


◆お金の鑑査

 日本銀行では戻ってきたお札や硬貨の鑑査(偽札がないか、再度流通に適するものかなどをチェックすること。)を行っています。
 お札の鑑査は、専用の機械(銀行券自動鑑査機)を使用して行います。




◆損傷したお札・硬貨の引換

お札の引換え風景お札の引換え風景           焼けた硬貨 日本銀行では、破れたお札や焼けてしまったお札、摩耗や、変形した硬貨を一定の基準により新しいお金と交換(引換)しています。
 なお、引換のため来店される場合には、事前に当店発券課(045-661-8141)まで電話連絡をお願いします。また、当日窓口ではご本人の同意を得たうえで、本人確認を行わせていただくほか、損傷現金の損傷経緯をお伺いしますので、ご協力をお願いします。


 損傷したお札の引換については、「日本銀行が行う損傷現金の引換えについて」(日本銀行本店ホームページ)をご覧ください。


              ※文中の写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。