日本銀行長崎支店のホームページにようこそ。

 当店は、1945(昭和20)年4月に長崎事務所として開設され、1949(昭和24)年3月に長崎支店となり、長崎県の金融経済の発展とともに歩み、支店開設70周年を迎えようとしています。

 ただ、「日本銀行って何をしているところ?」と質問されたり、「日本銀行ってお札を刷っているところでしょう?」と言われたりすることがよくあります。
 教科書的には、「発券銀行」、「銀行の銀行」、「政府の銀行」という言葉が思い浮かびますが、それでも実際にどのような業務を行っているのか、イメージがつかみにくいと思います。

 日本銀行の使命は「物価の安定」と「金融システムの安定」を通じて、「国民経済の健全な発展」に資することです。そして、その実現のために「金融政策」、「信用秩序維持政策」、「調査・研究」、「発券銀行としての銀行券の発行・管理業務」、「銀行の銀行としての決済業務」、「政府の銀行としての国庫金・政府預金の受払業務」、「国際金融」、「情報発信」などの多岐にわたる業務を行っており、まさに長崎名物の“ちゃんぽん”のようです。ただ、各々の具材を磨くことで、おいしい“ちゃんぽん”を作ること、つまり国民の皆様に喜んでいただけることが大切です。

 当店は、日本銀行の支店として、「発券銀行」として銀行券(お札)の流通・管理業務、「銀行の銀行」としての決済業務、「政府の銀行」として国庫金等の受払業務などを行っています。また、当地の金融経済活動に関する調査活動を通じて得られた知見の地元への還元や、長崎県金融広報委員会としての金融知識の普及といった活動も行っております。
 私どもの業務や調査活動に、日頃よりご協力いただいている企業、金融機関、官公庁などの関係者の皆様には、この場を借りてお礼申し上げます。

 このホームページでは、こうした当店の活動についてご紹介しています。
 ホームページを通じて、日本銀行長崎支店という“ちゃんぽん”の中身について皆様のご理解を深めていただくことが出来れば幸いです。
 職員一同、具材に磨きをかけるべく、日々、努力しています。
 是非、支店の見学にもいらしてください。

     長崎支店長 平家 達史