テキストサイズ 小 |中 |大 |



文字サイズの変更

学校


金銭・金融教育研究校

1.概  要

私たちは生活をしていくうえで、お金とは切っても切れない関係にあります。それだけに児童、生徒に早いうちからお金とのつきあい方をしっかりと身につけてもらうことは、基本的でかつ大事なことです。
児童、生徒の発達段階に応じた金銭・金融教育の研究・実践を支援するために、島根県金融広報委員会が委嘱する研究校です。これらのうち、中学校、小学校において金銭や物に対する健全な価値観の涵養に力点をおくものを「金銭教育研究校」、高等学校、中学校、小学校において金融・経済に関する正しい知識の習得に力点をおくものを「金融教育研究校」としています。
委嘱期間は、2年間です。

「金銭教育」とは・・・
以下の金融教育のうち、「ものやお金の大切さ」および「勤労を尊ぶ考え方」を身につけてもらうための教育を指します。

「金融教育」とは・・・
お金を使う、貯める(運用する)、稼ぐ、借りるなど、お金のさまざまな側面にかかわる知識・情報の活用を通じて、合理的で豊かな生活を築くための教育を指します。
具体的な内容として、①生活設計・金銭管理に関する理解、②金融・経済のしくみや現状等に関する理解、③消費者保護やトラブルの未然防止に関する理解、④主に若年者を対象とした仕事や職業に対する理解を含みます。

    -「金銭教育」および「金融教育」のいずれについても、さまざまな教科等での取組みが可能です。

2.研究校の実践事例

   【小学校】
    ○ 物やお金の価値に気づき、自他の持ち物を大切にするほか、節度や節制を心掛ける。
    ○ 野菜の栽培と販売を行い、働くことの意味や経済のしくみを学ぶ。  など

   【中学校】
    ○ 商品購入に際して、合理的に選択・判断する力を育てる。
    ○ 職場体験を通して、「仕事と社会のかかわり」について理解を深める。  など

   【高等学校】
    ○ 「起業」シミュレーションから起業の役割や企業活動と金融の関わりを理解する。
    ○ 消費者トラブルの事例を知り、対処方法を身につける。  など

3.現在活動中の金銭・金融教育研究校

   
金融教育研究校 委嘱期間
島根県立出雲商業高等学校 2021・2022年度
松江市立義務教育学校八束学園 2022・2023年度
金銭教育研究校 委嘱期間
美郷町立大和小学校 2022・2023年度




百太くんと友達

ページの先頭へ