イベント開催予定

現在、参加募集中のイベントはありません。

2022年度 イベント開催報告

        

○「知るぽると・夏休みキッズ体験学習講座」(7月26日開催)


「キッズ体験学習講座(お札の数え方、お札のひみつ、1億円重さ体験)」の模様


「キッズ体験学習講座(おこづかいゲーム)」の模様


夏休みに親子で銀行の仕事やお金の使い方等を学べる体験講座を、東京第一ホテル松山において、日本銀行松山支店との共催により開催し、32名の親子に参加していただきました。

第1部では、日本銀行の仕事や役割、お札に施された様々な技術やお札の一生について学習したほか、1億円の重さ体験やお札を数える体験をしていただきました。

第2部では、愛媛県金融広報アドバイザーの岡田純子氏を講師に迎え、「おこづかいゲーム」を行いました。ゲームを通して、お金の使い方や、おこづかい帳のつけ方などお金の管理についても学習しました。

参加者からは、「お札の偽造防止技術はすごいと思った。色々なことを知ることが出来て楽しかった」、「お札のひみつや重さ体験など、中々できない体験が出来て、とても楽しく勉強になった」、「おこづかいゲームが、お金のやり取りもあって面白かった」、「計画を立ててお金を使うことが出来て楽しかった。家でおこづかい帳をつけてみようと思う」、「子どもが、残金が少なくなった時に、節約しないといけない、とつぶやいた事に成長を感じた」、「ゲーム感覚でおこづかい帳を記入する体験が出来て、子どもも楽しんでいて良かった。楽しい講座を有難うございました」等の感想が寄せられ、好評を博しました。

[このページのトップに戻る]

2019年度 イベント開催報告

○「暮らしのセミナー2019年度」(10月5日開催:いよてつ島屋)

【 講師 】経済コラムニスト 大江英樹氏

【 講演テーマ 】老後貧乏にならないためのシンプルなルール


    「暮らしのセミナー2019年度」の模様

「暮らしのセミナー 2019年度」は、経済コラムニストの大江英樹氏を講師にお招きして、「老後貧乏にならないためのシンプルなルール」をテーマに開催し、204名の方にご参加頂きました。


大江氏は、冒頭、「老後不安と思っている人が殆どだと思いますが、不安をどうすれば解消出来るか、この講演会において考え方についてお話したい」と述べられました。


まず、老後貧乏を避けるためのシンプルなルールとして、次の3つのルールを提示されました。

1.わからないことをわかるように

2.元気で働けるうちは働き続ける

3.守るべきルールを間違えない


その後、ルール毎にどうすればよいか具体的にお話して頂きました。


お金の不安の最大の原因は、わらないことにある。老後の収支を把握することで不安を取り除くことが出来るとして、考え方や介護・医療にかかる費用等について教えて頂きました。


老後不安を無くすには、老後を無くすこと、つまり、元気で働けるうちは働き続けることである。定年後も近江八幡の水郷巡りの船頭として働き続けている元校長先生や、75歳で目覚めて勉強を始め、84歳でもなお現役で活躍している女性DJのお話をして頂き、会場の皆さんにも頑張りましょうとエールを送って頂きました。


守るべきルールとして、次の5つのルールについても教えて頂きました。

1.投資に頼り過ぎない(運用の成果よりも、積立額をいかに増やすかが大事)

2.退職金を勘違いしない(退職金はご褒美ではなく、老後の大事な生活資金である)

3.無理をしない(新たな借金をしない、皆がしてるからと強迫観念にかられて投資をしない、恥かく・見栄欠く・義理欠くの「さんかく」が大事)

4.節約よりもまず無駄をなくす(例:殆ど行っていないスポーツクラブの会員料・必要のない保険等の見直し)

5.社会保険をよく知っておく(社会保険を知ることで無駄な支出を減らすことが出来る、本を読むなど自ら勉強することも必要)


最後に、金融詐欺にあわないように、「解ったふりをしない、解らないものには手を出してはいけない」、「世の中に上手い儲け話はない」ということもお話して頂きました。


多くの参加者からは、「大変解り易いお話しで、楽しく学ぶことができた」、「漠然とした老後への不安が解消できた、気持ちが楽になった」、「来年定年を迎えるに当たって不安の日々であったが、参加して不安が解消できた」、「働くことを辞めた時から老後が始まる!これが心に刺さった。元気に働き続けようと思う」など、大変に好評でした。

[このページのトップに戻る]

        

○「知るぽると・キッズ体験学習講座」(7月23日、24日、25日開催:日本銀行松山支店、伊予銀行、愛媛銀行、愛媛信用金庫
  <連携開催順>)


「キッズ体験学習講座」の模様

夏休みに親子でお金の役割や銀行の仕事を学べる体験講座を、今年度も上記3つの金融機関との連携により開催し、109名の親子に参加していただきました。


日本銀行では、日本銀行の仕事や役割、お札に施された様々な技術やお札の一生について学習したほか、お菓子会社の経営者になって自分が売りたいと思う新しい商品を考え、自社商品をPRするポスターを作成しました。その後、自社商品の特長や魅力を伝えたり、応援したい会社に投資したりしました。こうした体験学習を通じて、お金の大切さや、社会の一員として働くことの大切さ、ご両親や周りの人に対して感謝する気持ちの大切さについて学んでいただきました。


各金融機関では、お金の上手な使い方を学んだり、金庫室の見学や、本物のお金の重さ体験・お札を数える練習・名刺交換といった銀行業務など、様々なプログラムを体験していただきました。


参加者からは、「銀行の仕事を体験出来て良かった。学んだことを普段の生活にも生かしていきたい」、「初めて知ることがあってワクワクした。お金の勉強が楽しかった。また、参加したい」、「株式会社の説明を短時間で解り易く説明して貰えた。また、企画からプレゼンまで、体験型の学習でとても有意義だった」、「普段見れない場所を見学出来たり、今まで触ったこともないお金を持つことが出来たり、子供も大人も貴重な体験だった」、「体験型の学習でとても勉強になった。これからも、引続き講座を開催して欲しい」等の感想が寄せられ、好評を博しました。

[このページのトップに戻る]