お知らせ・イベント情報


第15回特別展

「渋沢栄一にまつわるお金のはなし ―新しいお札の肖像―」を開催中!

2022年11月11日(金)~2023年2月21日(火)

2024年度上期を目途に、新しい日本銀行券が発行されます。そのうち一万円券は40年ぶりに肖像が変わり渋沢栄一となります。渋沢栄一は一橋家、大蔵省に仕官し、そして第一国立銀行の頭取を長く務め、それぞれでお金の発行に携わりました。

本展示では、渋沢栄一が発行に関わった幕末から第一国立銀行までのそれぞれの紙幣と、第一国立銀行の風景が描かれた錦絵をご紹介します。

12月1日(木)から冬季開館時間になります       
  • 12月~3月の開館時間は、10:00~17:00(最終入館16:30)です。
年末年始は、12月29日(木)~1月5日(木)の間、休館します
  • 2023年は1月6日(金)から開館します。
20名以上で見学をご希望の方は電話予約をお願いします
  • 見学希望日の6ヶ月前から電話で受付けます。
  • 修学旅行や社会科見学等で、少人数のグループに分かれて多くの方が来館される場合も、事前に電話でご連絡をお願いします。
    • 電話連絡先:0134-21-1111
新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い
  • 館内ではマスクを常時着用してください。マスクを着用していない場合は入館をご遠慮頂くことがあります。
  • 入口に設置しておりますアルコール消毒液での手指消毒、手洗などの感染症予防にご協力をお願いします。
  • 発熱や風邪症状のある方、また、だるさ・息苦しさがある方、体調に不安がある方、過去2週間以内に海外渡航歴のある方は、入館をご遠慮ください。
  • 展示室内では隣の方と十分な間隔をとって、お静かにご見学ください。なお、混雑状況によっては、入館制限を実施することがあります。
  • 一部の体験展示など触れる展示やガイドツアーは休止しております。ご了承ください。
  • 定期的に換気しております。
当面の間、ガイドツアーを休止します

日本銀行旧小樽支店金融資料館へようこそ

1912年に竣工した辰野金吾・長野宇平治らの設計による歴史的建造物の中で、日本銀行の歴史や業務、小樽の発展についてご紹介しています。

入館無料
開館時間
夏季4月~11月 9:30~17:00 (最終入館16:30)
冬季12月~3月 10:00~17:00 (最終入館16:30)
休館日
水曜日(水曜が祝休日の場合は開館)
年末年始(12月29日~1月5日)
ただし、展示入れ替え等のため臨時休館することがあります。
金融資料館外観の写真

金融資料館外観