このページの本文へ移動

金融・金銭教育

金融・金銭教育研究校

金融・金銭教育研究校とは

金融・金銭教育研究校とは、生徒・児童・幼児それぞれの発達段階に応じて、現在および将来の生活を支え得る金融・経済に関する正しい知識の習得またはお金や物に対する健全な価値観の養育を図るため、具体的な教育を実践し、その効果的な方法を研究することを目的に活動しています。

佐賀県金融広報委員会では、毎年、金融・金銭教育研究校を募集しており、委嘱先の学校には、金融・金銭教育にかかる授業計画や具体的な授業の進め方に関する情報提供、予算面でのサポートといった形で研究校の活動を支援しています。

矢口十平が貯金箱にお金を入れようとしているイラスト

 

これまでの金融・金銭教育研究校一覧
表 金融・金銭教育研究校
委嘱年度 所在地 校名 委嘱期間

平成18
(2006)

玄海町 玄海町立仮屋小学校 平成18年4月~20年3月
伊万里市 県立伊万里商業高等学校 平成18年4月~20年3月

20
(2008)

多久市 多久市立中部小学校 平成20年4月~22年3月
唐津市 県立唐津商業高等学校 平成20年4月~22年3月

22
(2010)

伊万里市 伊万里市立大川内小学校 平成22年4月~24年3月
江北町 県立杵島商業高等学校 平成22年4月~24年3月

24
(2012)

嬉野市 嬉野市立塩田中学校 平成24年4月~26年3月
佐賀市 県立佐賀商業高等学校 平成24年4月~26年3月

26
(2014)

小城市 小城市立牛津小学校 平成26年4月~28年3月
鳥栖市 県立鳥栖商業高等学校 平成26年4月~28年3月

28
(2016)

神埼市 神埼市立脊振中学校 平成28年4月~30年3月
鹿島市 県立鹿島実業高等学校 平成28年4月~30年3月

30
(2018)

唐津市 県立唐津商業高等学校 平成30年4月~令和2年3月

金融教育公開授業

金融・金銭教育の重要性について、広くかつ深くご理解いただくため、金融・金銭教育研究校で実施される金融に関する授業を、教育関係者や保護者、地域住民など多くの方々に公開し、参観いただくものです。その際、金融教育の専門家による講演等をあわせて実施することもあります。

電卓・筆記用具のイラスト

 

佐賀県における最近の金融教育公開授業の開催実績は、以下のとおりです。

・令和元(2019)年11月21日に、県立唐津商業高等学校で、「金融教育公開授業in佐賀」(金融広報中央委員会HP)として開催されました。

・平成29(2017)年11月16日に、県立鹿島実業高等学校で、「金融教育公開授業in佐賀」(金融広報中央委員会HP)として開催されました。