新着情報

公表予定
2021年5月
「富山県金融経済クォータリー(2021年春)」

所長メッセージ

短観(21/3月調査)でみる富山県の景気動向
 日本銀行では、4月1日、「短観(2021年3月調査)」を公表しました。以下では、その結果 から、県内企業の業況感や事業計画をみていきます。
 ポイントは、以下の通りです。

(1) 業況判断DI(全産業)は、国内外の経済活動の回復に伴い幅広い業種で業況感が改善したことから、前回調査(20/12月、以下同じ。)の▲16から「悪い」超幅を縮小し、▲7となりました。先行きも、▲3とさらに小幅の改善となりました。
 ── 業種別にみると、製造業は▲2、非製造業は▲10と、ともに前回調査・先行き予想を上回りました。製造業の先行き予想は+2と、「良い」超に転じました。

(2) 2020年度の事業計画(全産業)の実績見込みについては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等から、売上高(▲7.1%)、経常利益(▲8.5%)とも前年度比マイナスとなっています。ただし、経常利益については、経費削減効果等から前回調査に対し上方修正となりました。設備投資については、収益状況を踏まえて不要不急の設備投資を先送りする動きが年度末に向けて増えたこと等から、前回調査比下方修正となりました(前回調査▲5.2%→今回調査▲14.9%)。
2021年度については、幅広い業種で新型コロナウイルス感染症拡大の影響からの持ち直しを期待しており、売上高(+2.4%)、経常利益(+6.7%)、設備投資(+9.4%)のいずれも前年度からの増加の計画となっています。

 過去のメッセージ一覧
 全文を読む(PDF)



お知らせ

金融・経済に関する無料講師派遣のご案内

日本銀行やその役職員の関与を装った不審な連絡・勧誘・ウェブサイト・SNSアカウントなどにご注意ください

日本銀行富山事務所
〒930-0046 富山県富山市堤町通り1丁目2番26号 北陸銀行本店内2F
TEL 076-424-4471  FAX 076-494-1158
E-mail:toyama@boj.or.jp

所長ボイス

2021年4月12日(月)

春の四重奏
 先週末、朝日町のあさひ舟川「春の四重奏」を見に行きました。四重奏というのは、朝日岳・白馬岳雪山の連なり、舟川べりの桜並木、チューリップ、菜の花の4つなんですが、今年は桜の開花が早く、菜の花はごく一部を除き間に合わず。しかし満開の桜の下やチューリップを含む田園風景の中の散策はとても気持ちがよかったです。富山からは、あいの風とやま鉄道の往復割引切符、泊駅からの無料シャトルバスでスムーズに行けました。そして何より、「春の四重奏」という美しいネーミングが素敵だと思いました。

過去の所長ボイス一覧


日本銀行

日本銀行金沢支店

知るぽると

Get Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。バナーのリンクから、Adobe Acrobat Readerをダウンロードしてください。