知るぽるとの「ぽると」とは「港」・「入り口」で、くらしに役立つ身近な情報が集まる「港」、お金に関する知識の「入り口」の情報サイトです。
HOME 茨城県金融広報委員会について 講師派遣 イベント情報 金融・金銭教育 金融学習グループ リンク
 
   ホーム > 金融・金銭教育 > 小・中学校での研究授業・親子学習会等の模様
小・中学校での研究授業・親子学習会等の模様

2020年2月13日 土浦市立土浦第四中学校において「金融教育研究発表会」を開催しました。
2年間の金融教育に取り組んだ成果を発表いただいたほか、第7学年から第9学年において、各学年の代表による実践発表を行いました。
また、「パックンマックン」(アメリカ人と日本人のお笑いコンビ)による講演会では、「中学生のこれから知っておきたいお金の貯め方(貯金)と使い方(投資)」をテーマにお話をいただきました。

  公開授業の実施報告[PDF 482KB]
 土浦第四中学校の授業の模様


2018年10月31日 古河市立総和中学校において「金融教育研究発表会」を開催しました。
2年間の金融教育研究校としての取組みの成果をいただいたほか、1年生および3年生の授業において、様々な科目で取組みが公開されました。
また、ダニエル・カール氏による講演会では、「日本とアメリカの違いから学ぶ賢い消費者の道」をテーマにお話をいただきました。

  公開授業の実施報告[PDF 801KB]
 総和中学校1年5組の授業の模様


2018年2月14日 常陸大宮市立大宮中学校において、常陽銀行と共催で出前授業を開催しました。2年生全員を対象に常陽銀行 山ア大宮支店長、秦雅博 金融広報アドバイザーによる講義を行いました。  
山ア支店長から、クレジットカードなどカード社会における注意点やキャッシュレス社会の展望などをお話いただきました。その後、秦金融広報アドバイザーから「意義ある人生を送るために」と題し、少子高齢化社会における財政・社会保障の展望や教育にかかるお金のことなど、最近のトピックも交え、中学生にもわかり易く説明しました。
生徒からは、「銀行はどうやって収益を上げているのか」、「古くなったお札はどうなるのか」といった質問が寄せられました。

 大宮中学校での出前授業の様子


 大宮中学校での出前授業の様子



2015年6月9日 水戸市立飯富小学校の5・6年生PTA学年集会で、野澤通および金澤正巳 金融広報アドバイザーによる金銭教育のワークショップが行われました。
前半は、5・6年生の親子が「カレー作りゲーム」を通して、限られたお金の中で何かを選ぶと他の物が買えない(諦めないといけない)ことがあることや、いろいろな選択肢があることなど、金銭教育について楽しみながら学びました。
後半では、保護者の方が、これからの高校・大学進学を見据えて、教育資金をどのように準備するのかなど、各家庭のライフプランを考えるポイントや子どもの金銭教育について話し合いました。帰宅後に子どもとお金の使い方について話し合いたいとの声も聞かれました。

 飯富小学校での「カレーづくりゲーム」の様子


 飯富小学校での「カレー作りゲーム」の様子



2013年度・2014年度 下妻市の小学校・中学校において、消費者教育が実施されました。
これは、「消費者教育推進法」(平成24年12月施行)により、地域における消費者教育の推進体制の整備が求められるようになったことを受けて、下妻市と連携し下妻市内公立小・中学校全校を対象に、消費生活に関する教育プログラムの導入を2013年度から進めてきたものです。茨城県金融広報委員会が展開している金融・金銭教育研究校でのカリキュラムや指導のノウハウをもとに、当委員会の金融広報アドバイザーと下妻市の関係者が協議し、カリキュラムや運営方法等について、プログラムを纏めあげました。
2013年度は試行的に、金融広報アドバイザーが講師を務め、金融教育研究校で実施している「カレー作りゲーム」(小学校:限られた予算の中で、家族の好きなカレーを作るための材料選びを考える)や、「消費者トラブルから身を守る」(中学校)などの授業を10校で実施しました。
2014年度は、下妻市が設置した「消費者教育推進協議会」に、下妻市教育委員会、前年度実施校の教員のほか、当委員会の金融広報アドバイザーが参画し、前年度の授業内容や講師を2名体制で指導するなどのプログラムの見直しを行ったうえで、引き続き市内の小学校・中学校において授業を展開しました。
当委員会は、県内の他の自治体とも同様の連携を期待しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 下妻市での「カレーづくりゲーム」の様子

 下妻市での消費者教育の授業の様子



2013年2月21日 東海村立舟石川小学校において、金銭教育の研究授業が行われました。各学年で金銭教育の研究実践授業を実施した後、水戸教育事務所および東海村教育委員会の指導主事や茨城県金融広報委員会の金融広報アドバイザーを交え、今後の研究内容等について討議を行いました。
東海村立舟石川小学校校研究授業の様子

東海村立舟石川小学校研究授業の様子



2012年12月11日 筑西市立明野中学校の家庭教育学級の「親子金融教室」(テーマ:初めての金融教育)に、野澤通および緒方瑠美子金融広報アドバイザーを派遣しました。「生活設計」、「消費者トラブル」についてクイズ形式で解説し、参加された親子約600名が楽しみながら金融学習を行いました。


2012年12月1日 ひたちなか市立勝倉小学校の家庭教育学級の学習会(テーマ:教育資金の形成や子どもの金銭教育)に、野澤通金融広報アドバイザーを派遣しました。
筑西市立明野中学校の家庭教育学級の模様A

ひたちなか市立勝倉小学校の家庭教育学級の模様@



2012年11月16日 つくば市立栄小学校 において「金銭教育研究発表会」を開催しました。各学年で公開授業を実施した後、研究発表と『NPO法人子供のお金教育を考える会』代表のあんびるえつこ氏による「“なりたい自分”と“社会”をつなげる金銭教育」をテーマに記念講演が行われました(参加者:近隣の小・中学校教員等約150名参加)。
つくば市立栄小学 公開授業の様子

つくば市立栄小学 講師 あんびるえつこ氏



2012年7月13日 つくば市立栄小学校保護者の懇談会(テーマ:子どものくらしとお金について)に、五十嵐勇金融広報シニアアドバイザーほか2名を低・中・高学年の3クラスにそれぞれ派遣しました。


2012年7月6日に、笠間市立稲田中学校の家庭教育学級において、外部講師に「子供のお金教育を考える会」代表のあんびるえつこ氏を迎え、「家庭における子供への金銭教育」をテーマに講演会を開催しました。
つくば市立栄小学校の保護者懇談会の模様


笠間市立稲田中学校の家庭教育学級の模様




2012年7月4日 那珂市立額田小学校の家庭教育学級の4年生保護者の懇談会(テーマ:子どもたちへのお金のしつけ)に、五十嵐勇金融広報シニアアドバイザーを派遣しました。


2012年2月21日 つくば市立栄小学校の第1〜第3学年で行われた「金銭教育出前授業」で、ロールプレイングやお金のクイズ等を通じて、お金の大切さや上手な使い方を楽しく学習しました。
那珂市立額田小学校の家庭教育学級の模様

つくば市立栄小学 出前授業の模様


2011年11月25日 水戸市立吉田小学校の第4学年4クラスで行われた「親子学習会」で、ロールプレイングや買い物ゲーム等を通じて、「本当に必要なもの」と「欲しいもの」の区別や、上手なお金の使い方を楽しく学習しました。
水戸市立吉田小学校 親子学習会の様子

水戸市立吉田小学校 親子学習会の模様



2011年10月26日 古河市立諸川小学校で、各学年ごとに1クラスで公開授業を実施した後、研究発表と生活経済ジャーナリストのあんびるえつこ氏による『子どもたちの生きる力をはぐくむ金銭教育』をテーマとした講演会が開催されました(参加者:近隣の小・中学校教員等約100名)。
古河市立諸川小学校 公開授業の様子

古河市立諸川小学校 講師 あんびるえつこ氏

▲TOPに戻る  

 
茨城県金融広報委員会
〒310-8639 水戸市南町2-5-5(日本銀行水戸事務所内)  
TEL.029-224-2734  FAX.029-222-1036
E-mail.mito@boj.or.jp (メールを送信いただく場合は、電話番号等連絡先を記載していただきますようお願いします)


 資産運用、年金、保険などの個別のご相談・ご照会には応じかねますので、あらかじめご了承下さい。  

▲日本銀行水戸事務所のトップページへ戻る