知るぽるとの「ぽると」とは「港」・「入り口」で、くらしに役立つ身近な情報が集まる「港」、お金に関する知識の「入り口」の情報サイトです。
HOME 茨城県金融広報委員会について 講師派遣 イベント情報 金融・金銭教育 金融学習グループ リンク
 
   ホーム > イベント情報 > 「茨城県・教員のための金融教育セミナー」の模様
「茨城県・教員のための金融教育セミナー」の模様

本セミナーは、学校における金融に関する消費者教育の一層の充実と推進を企図し、中学校、高等学校の社会科、家庭科等の先生方が「金融教育」を進めるうえで参考になる情報の提供を目的に開催しています。


2019年8月21日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約30名)を開催(開催要領[PDF 84KB])しました。
当日は2018・2019年度金融教育研究校の土浦市立土浦第四中学校および茨城県立取那珂湊高等学校から2年間の金融教育についての実践事例を発表いただきました。
●土浦市立土浦第四中学校の実践事例
商店や大型ショッピングモールが近く、かつ大家族も多いという生活環境を踏まえ、「低年齢から買い物の経験はあるものの、主体的に行動することが苦手であり、モノの価値を正しくとらえる機会が不足している」という仮説を立てられました。その上で、成人年齢の引き下げを考慮し「生きた知識としての金銭・金融教育の実践」をテーマに設定し、実際の経済活動を通じ、お金の流れを実体験することに取り組まれました。
具体的には、学年や学級単位でモノを企画、製造、販売することによって、流通の仕組みやコストと利益について理解するための活動を行いました。また、投資活動のシュミュレーションを行い、社会や経済について興味を持ち、将来自分の資産をどのように運用していくべきかを考えるための金融経済講演会や授業を展開されました。
●茨城県立取那珂湊高等学校の実践事例
「高校卒業までに『大人』の準備教育として、『自立』の精神を養う」を研究主題として、キャリア教育を軸とした金融教育のあり方を考えた授業を商業科、普通科において実践されました。
「これであなたもひとり立ち」(金融広報中央委員会発行)の冊子を用いて、出生から高校生までに必要なお金を算出したうえで、成長過程におけるお金と生活の関係を小論文にまとめ、「金融と経済を考える」高校生小論文コンクール(金融広報中央委員会主催)に応募されました。また、公的年金制度やライフプランなど幅広いテーマに取り組まれました。
●講演 金融広報中央委員会事務局 金融教育プラザリーダー 岡崎竜子 氏「金融教育において参考となる実践事例」
●グループ討議  実践事例の発表を受けて、先生方が中学校、高校別にグループ討議を行い、金融教育への理解を一層深めていただきました。  

 土浦市立土浦第四中学校による実践事例発表の模様


 茨城県立那珂湊高等学校による実践事例発表の模様


 グループ討議の模様



2018年8月21日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約70名)を開催(開催要領[PDF 93KB])しました。
当日は29・30年度金融教育研究校の古河市立総和中学校および茨城県立取手第一高等学校から2年間の金融教育についての実践事例を発表いただきました。
●古河市立総和中学校の実践事例
同校で昨年度実施したお金や金融に関する意識調査から、生徒には自己の将来について主体的に考える態度が不足していると考えられました。お金や金融の知識を身に付け、それらを活用する知識活用型授業を実践し、暮らしや社会について深く考えさせる学習活動を通じて、主体的に行動する態度を育成できるであろうとの仮説をたて、各教科で取り組まれた実践事例を発表いただきました。
●茨城県立取手第一高等学校の実践事例
「正しい知識を身に付け社会参画の意欲を高める金融教育」を研究テーマに掲げ、商業に関する科目や道徳等での授業のほか外部講師による講義の開催など、工夫して取り組まれました。こうした幅広い実践事例を発表いただきました。
●講演1…横浜国立大学 名誉教授 西村隆男 氏「成年年齢引き下げ等を展望した消費者教育・金融教育の進め方について」
●講演2…金融広報中央委員会事務局 金融教育プラザリーダー 岡崎竜子 氏「新学習指導要領に沿った金融教育の実践例〜教材の活用法等について〜」
 

 古河市立総和中学校による実践事例発表の模様


 茨城県立取手第一高等学校による実践事例発表の模様


 横浜国立大学 名誉教授 西村隆男 氏による講演の模様



2017年8月25日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約60名)を開催(開催要領[PDF 102KB])しました。
当日は28・29年度金融教育研究校の潮来市立潮来第二中学校および茨城県立古河第二高等学校から2年間の金融教育についての実践事例を発表いただきました。
●潮来市立潮来第二中学校の実践事例
全教科を4つのブロック(1.問題解決型、2.文学・鑑賞型、3.技能・トレーニング型、4.全ての学年・学級に関わる領域型)に分けて、全教科での取り組みを報告いただきました。
●茨城県立古河第二高等学校の実践事例
金融教育の4分野(1.生活設計・家計管理、2.金融や経済の仕組み、3.消費生活・金融トラブル防止、4.キャリア教育)に基づき、体験的活動や講義・講演会等により知識および自ら考える力を目指した取り組みを報告いただきました。
●講演1…独立行政法人教職員支援機構 次世代型教育推進センター 上席フェロー 大杉昭英氏「新学習指導要領の趣旨を生かした金融教育の展開」
●講演2…金融広報中央委員会事務局 金融教育プラザリーダー 岡崎竜子 氏「学校における金融教育の取組事例について」
 

 潮来市立潮来第二中学校による実践事例発表の模様


 茨城県立古河第二高等学校による実践事例発表の模様


 金融広報中央委員会 金融教育プラザリーダーによる講義におけるグループ討議の模様



2016年8月25日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約70名)を開催(開催要領[PDF 149KB])しました。
当日は27・28年度金融教育研究校の日立市立駒王中学校および茨城県立茨城東高等学校から2年間の金融教育についての実践事例を発表いただきました。
●日立市立駒王中学校の実践事例
全教科を4つのブロック(1.国際ブロック(社会、英語)、2.自然ブロック(数学、理科)、3.創作ブロック(国語、家庭・技術科)、4.芸術ブロック(音楽、美術、体育))に分けて金融教育を実践した取り組みを、ブロックごとにご担当の先生から報告いただきました。
●茨城県立茨城東高等学校の実践事例
 「アクティブスクール(単位制普通科)」としての特色を活かし、学校設定科目「キャリアデザイン1〜3」を中心に、金融知識の習得と判断力の育成を目指した取組みを実践されました。
 1.「キャリアデザイン1(1年次生)」・・・オリエンテーション、農業体験学習等
 2.「キャリアデザイン2(2年次生)」・・・インターンシップ(60事業所に分かれ2日間実習<2年次生:全員対象 > )
 3.「キャリアデザイン3(3年次生)」・・・デュアルシステム(キャリアデザイン3を選択した生徒による5か月間にわたる企業実習)
●講演1・・・青山学院大学非常勤講師小高さほみ氏「金融教育におけるアクティブラーニングの授業デザイン」
●講演2・・・常総市立石下中学校教頭中澤千佳子氏「学校における金融教育について」
 

 日立市立駒王中学校による実践事例発表の模様


 茨城県立茨城東高等学校による実践事例発表の模様

 常総市立石下中学校教頭中澤千佳子氏



2015年8月27日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約60名)を開催(開催要領[PDF 144KB])しました。
当日は26・27年度金融教育研究校の小美玉市立小川南中学校および茨城県立石下紫峰高等学校から2年間の金融教育についての実践事例を発表いただきました。小川南中学校からは、お金のことについて学ぶ機会が少なく貸借について軽く考えている生徒が多いという実態を踏まえた公民科や家庭科の授業の工夫を具体的に発表いただきました。石下紫峰高等学校から、学校設定科目「ライフデザイン」の目的は、「金融教育」そのものであるとの認識での取り組み事例を発表いただきました。
 講演では、全国銀行協会金融リテラシー推進室調査役の飯島氏から、実際にカードを使い「生活設計・マネープランゲーム」をご紹介いただきました。また、金融広報中央委員会の金融教育プラザリーダーの岡崎氏からは、「学校における金融教育の意義、体系と実践事例について講演いただきました。
 

 茨城県教育委員会教育長(代理)開会挨拶の模様


 小川南中学校教諭による実践事例発表の模様

 石下紫峰高等学校教諭による実践事例発表の模様



2014年8月21日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」(参加者:約70名)を開催しました。
本セミナーは、次代を担う生徒たちに対して、社会人となる前段階の中学校、高等学校において「消費者教育」や「金融教育」を進めることが重要であるとして開催しています。
当日は、25・26年度金融教育研究校(つくば市立高崎中学校、県立水海道第二高等学校)から学校における金融教育についての実践事例の発表のほか、茨城県消費者教育啓発員を講師に「中高生をインターネット等のトラブルから守るには」と題した講演を行っていただきました。  参加された教員の方からは「学校全体が一体となって取り組んでいる様子がとても参考になった」と、評価の声をいただきました。

 つくば市立高崎中学校教諭による実践事例発表の模様


 茨城県消費者教育啓発員による講演の模様


2013年8月21日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、茨城県内の中学校および高等学校の社会科・家庭科・商業科等の教員を対象に、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」を開催しました(参加者:約60名)。
24・25年度金融教育研究校の筑西市立明野中学校と県立鉾田第二高等学校による実践事例の発表では、「様々な教科に金融教育の視点を加えることで効果的に金融学習を行えることが分かった」、「生徒達の『生きる力』が金融教育によって確実に育ったことが分かる実践発表だった」などの感想を多数頂き、金融教育への理解を深めて頂きました。
また、NTTドコモケータイ安全教室から講師を迎え、生徒がトラブルに巻き込まれないための指導方法などを分かりやすく解説していただきました。

 筑西市立明野中学校教諭による実践事例発表の模様


 鉾田第二高等学校教諭による実践事例発表の模様


2012年8月22日(会場:ホテルレイクビュ−水戸)、茨城県内の中学校および高等学校の社会科・家庭科・商業科等の教員を対象に、「茨城県・教員のための金融教育セミナー」を開催しました(参加者:約80名)。
ファイナンシャルプランナーの洞口勝人氏による「学校での金融教育授業の意義と進め方」の講演では、「1本100円のお茶のペットボトルからスーパーはどのぐらいの利益を挙げているか」や「1台300万円の自動車のコストはどのくらいか」などのクイズを通じ、数字に強い生徒に育てるために「見える化」・「情報編集力」・「意外性」が大切との説明を聞き、参加された教員からは「生徒に対する指導テクニックを学べた」とか、「普段の授業で使える材料がたくさんあって良かった」など高い評価を頂きました。
 また、23・24年度金融教育研究校の鉾田市立旭中学校による実践事例の発表により、「多くの教科や各学年で様々な視点から取り組みが行えることが分かった」など、金融教育への理解を深めて頂きました。

 講師 洞口勝人 氏


 鉾田市立旭中学校教論による実践事例発表の模様

▲TOPに戻る  

 
茨城県金融広報委員会
〒310-8639 水戸市南町2-5-5(日本銀行水戸事務所内)  
TEL.029-224-2734  FAX.029-222-1036
E-mail.mito@boj.or.jp (メールを送信いただく場合は、電話番号等連絡先を記載していただきますようお願いします)


 資産運用、年金、保険などの個別のご相談・ご照会には応じかねますので、あらかじめご了承下さい。  

▲日本銀行水戸事務所のトップページへ戻る