日本銀行高知支店
 
トップページ > 日銀高知支店ではどんな仕事をしているの? > 総務課のしごと
高知県内における金融経済情勢を的確に把握するため、県内の企業や金融機関の方から直接お話を伺うとともに、各種統計データを収集・分析しています。

こうした活動により収集された情報は、日本銀行本店に集約され、金融政策を実施していくうえでの重要な判断材料として活用されています。

また、これらの情報収集、統計分析結果の一部については、「高知県金融経済概況」(原則毎月初旬)や「全国企業短期経済観測調査(通称、短観<タンカン>)」(四半期)などを通じて皆様に還元しています。
短観について
・・短観
このほか、金融機関に対する日々の資金繰り等に関するヒアリングや、考査と呼ばれる金融機関の経営実態把握・意見交換を通じて、金融システムの安定性確保に努めています。
高知支店では、日本銀行の役割や業務内容を広く皆さんに知っていただくために、広報活動の一環として、5名様以上のグループの方を対象として店内見学を行っています。
古くなったお札の裁断屑で作った‘巨大鳴子’や‘ソファ’などをご覧いただけるほか、職員が実際に仕事をしているフロアもロビーから見学できます。

詳しい内容については、店内見学のご案内のページをご覧ください。
高知支店が日本銀行の支店として期待される機能を十分に発揮できるよう、建物の維持管理、職員の勤務管理や経費支払、物品の調達、警備などの内部管理事務を担当しています。
また、防災や被災時の対応に関する仕事なども行っています。

Topページのトップへ戻ります



Copyright Kochi branch, Bank of Japan All Rights Reserved